小さな善意 大きな報い

2015年01月19日 07時00分
【大紀元日本1月19日】イギリス人の女子大生が深夜、キャッシュカードをなくして帰宅のタクシー料金の支払いに困っていた。その時、ある一人のホームレスが自分の手元にある3ポンドを彼女に差し出した。それは、彼の全財産だった。ホームレスの男性の優しい心に感動した女子大生はその後、彼のために募金を呼び掛けた。すると、多くの人々から反響があり、間もなく2万ポンドの募金が集まったという。この資金で、このホームレスの男性は、しばらく暖かい家に住むことが出来そうだ。

 英国メディア「デーリー・テレグラフ」の報道によると、ロンドンのセントラル・ランカシャー大学に通う女子学生ドミニク・ハリソンーベンツェンさん(Dominique Harrison-Bentzen・22歳)は深夜、タクシーを呼んで帰宅しようとしたところ、キャッシュカードをなくしたことに気が付いた。近くにいた一人のホームレスは彼女の困っている様子を見て、所持していたお金の全てを彼女に差し出したという。

 ベンツェンさんはお金を受け取らなかったが、このホームレスの優しい心に感動した。後日、彼女はソーシャルメディアに事の経緯を書き込み、多数のネットユーザーの力を借りてこのホームレスを見つけたいと呼びかけた。

 ソーシャルメディアを通じて、彼女は意外なことを知った。実は、自分だけではなく、他にも多くの人が、このロビー(Robbie)というホームレスに助けられていたのだ。彼自身は非常に貧しく、生活に困窮しているにもかかわらず、街で困っている人を見かけると、可能な限り助けようとする。拾ったバックを落とし主に返したり、寒さに震えている人に自分のマフラーをあげたこともあった。

 これらの事実を知ったベンツェンさんは、彼のために何か助けとなるようなことをしたいと考えた。そこでネット上で、24時間ホームレスの生活を体験するよう呼びかけたり、ロビーさんを支援したい人たちに、3ポンドづつ寄付するよう呼びかけた。この金額はちょうど、ロビーさんが彼女を助けようとしたときに差し出した金額である。

 募金用のホームページに、彼女は次のようなメッセージを書き込んだ。「皆で一緒に、ほんの小さな良いことをすれば、今年のクリスマスには彼の生活状態を変えることができます。暫くの間、彼は街頭での生活から離れ、安全で暖かい小さな家で生活できるようになるのです」

 この呼びかけはソーシャルメディアを通じてイギリス中に即座に広まり、12月17日までに3千人以上の人々が寄付を提供した。寄付金の総額はおよそ2万ポンド。これによって、ロビーさんは暫く、或いは永遠に路上生活から抜け出し、暖かい家で新しい生活を始めることができるかもしれない。まさに、小さな善意をきっかけに大きな報いを得ることになった。これもまた、「善悪に応報あり」の一例かもしれない。

(翻訳編集・中野)
関連キーワード
^