大紀元時報

河野外相、イランのザリフ外相に核合意の履行継続を要請

2019年05月16日 10時09分
5月16日、訪日したイランのザリフ外相は午前、河野太郎外相との会談の冒頭、米国が昨年、核合意から離脱したにもかかわらず、イランは核合意に引き続きコミットしていると強調した。握手する両外相。東京で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)
5月16日、訪日したイランのザリフ外相は午前、河野太郎外相との会談の冒頭、米国が昨年、核合意から離脱したにもかかわらず、イランは核合意に引き続きコミットしていると強調した。握手する両外相。東京で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 16日 ロイター] - 訪日したイランのザリフ外相は16日午前、河野太郎外相との会談の冒頭、米国が昨年、核合意から離脱したにもかかわらず、イランは核合意に引き続きコミットしていると強調した。米国による制裁強化は「受け入れ難い」とも述べた。

ザリフ外相は「昨年5月の米国の核合意離脱にもかかわらず、イランは最大限の自制をしている」と語った。

河野外相はザリフ外相に対し、「中東地域の情勢を非常に懸念している。緊張の緩和と問題の解決に向けた努力は惜しまない」と述べるとともに、「2国間関係だけでなく、国際的な核不拡散体制および中東地域の平和と安定のために、核合意を維持することが必要不可欠だ」との考えを示した。

さらに「イランが核合意の履行を継続することを強く要請する」と語った。

*内容を追加しました。

^