大紀元時報

米司法省、ウィキリークス創設者アサンジ被告を追起訴 スパイ罪で

2019年05月24日 11時01分
5月23日、米司法省は、 内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ被告をスパイ活動の罪で追起訴した。写真は2014年8月にロンドンで代表撮影(2019年 ロイター)
5月23日、米司法省は、 内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ被告をスパイ活動の罪で追起訴した。写真は2014年8月にロンドンで代表撮影(2019年 ロイター)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米司法省は23日、 内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ被告をスパイ活動の罪で追起訴した。機密扱いの情報源の名前を違法に公表したほか、機密情報を入手するためチェルシー・マニング元米軍情報分析官と共謀したとするなど新たな罪状は17に上る。

アサンジ氏は2010年にアフガニスタンとイラクでの米国の軍事活動に関する機密情報をウィキリークスに漏えいしたことに関連し、米政府のコンピューターに侵入するためマニング氏と共謀した罪ですでに起訴されており、計18の罪状に直面。有罪となれば数十年にわたって収監される可能性がある。

アサンジ氏の弁護士は「これらの前例のない起訴内容は、米政府が取ってきた行動について社会に知らせようとするすべてのジャーナリストへの脅威の重大さを示している」と指摘した。

司法省は、アサンジ被告は機密情報を盗み出すようマニング氏を促し支援しただけでなく、情報源の身元を明かすことでアフガニスタンやイラクの人々、ジャーナリスト、宗教指導者、人権運動家、抑圧的な政権における反体制派などの生命を危険にさらしたとしている。

アサンジ氏は在英エクアドル大使館での7年にわたる籠城後、4月に英警察に逮捕され、米国が身柄引き渡しを求めている。

^