大紀元時報

アルゼンチン全土でスト、経済改革に抗議

2019年05月30日 10時38分
5月29日、アルゼンチンで、国際通貨基金(IMF)の支持を得たマクリ政権の経済改革に抗議するストが行われ、首都で数千人が行進するなどした。プラカードをもち抗議行進をする人たち。ブエノスアイレスで撮影(2019年 ロイター/AGUSTIN MARCARIAN)
5月29日、アルゼンチンで、国際通貨基金(IMF)の支持を得たマクリ政権の経済改革に抗議するストが行われ、首都で数千人が行進するなどした。プラカードをもち抗議行進をする人たち。ブエノスアイレスで撮影(2019年 ロイター/AGUSTIN MARCARIAN)

[ブエノスアイレス 29日 ロイター] - アルゼンチンで29日、国際通貨基金(IMF)の支持を得たマクリ政権の経済改革に抗議するストが行われ、首都で数千人が行進するなどした。政府は緊縮財政を伴うこの改革を、財政赤字削減のカギと位置づけている。

ストは全土規模で、空港が機能不全状態となり、穀物輸送の主要港湾が操業停止状態となっているほか、サッカーの試合が延期されるなどの影響も出ている。

10月に大統領選を控えたマクリ大統領の支持率は高インフレ率や失業問題、ペソ相場の低迷などで打撃を受けている。

抗議行動を主導するアルゼンチン労働総同盟(CGT)は、高インフレ率に合致し、労働者の税負担を軽減する賃上げ支持を政府に要求。ネットに投稿した動画で、「経済・社会情勢が日毎に悪化し、インフレが購買力を破壊している」として、政策転換を訴えるためストを強行したと説明した。

政府は、ストによる経済損失は400億ペソ(9億ドル)と推定している。

^