大紀元時報

ペルシャ湾での衝突、原油100ドル超に押し上げへ イランが警告

2019年06月03日 17時01分
6月2日、イランの最高指導者ハメネイ師の軍事顧問を務めるヤフヤ・ラヒーム・サファビ氏は、ペルシャ湾における米国の軍艦はイランのミサイルの射程内に入っているとし、両国が衝突すれば原油価格は1バレル当たり100ドルを超えると警告した。写真は煙炎をあげるイランの石油製造施設とイラン国旗。ペルシャ湾で2005年7月に撮影(2019年 ロイター/Raheb Homavandi)
6月2日、イランの最高指導者ハメネイ師の軍事顧問を務めるヤフヤ・ラヒーム・サファビ氏は、ペルシャ湾における米国の軍艦はイランのミサイルの射程内に入っているとし、両国が衝突すれば原油価格は1バレル当たり100ドルを超えると警告した。写真は煙炎をあげるイランの石油製造施設とイラン国旗。ペルシャ湾で2005年7月に撮影(2019年 ロイター/Raheb Homavandi)

[ロンドン 2日 ロイター] - イランの最高指導者ハメネイ師の軍事顧問を務めるヤフヤ・ラヒーム・サファビ氏は2日、ペルシャ湾における米国の軍艦はイランのミサイルの射程内に入っているとし、両国が衝突すれば原油価格は1バレル当たり100ドルを超えると警告した。

ファルス通信によると、ラヒーム・サファビ氏は「米国は(湾岸地域における)自国の部隊がイランのミサイルの射程内にあり、ペルシャ湾における米国および他の国のすべての海軍部隊がイラン革命防衛隊の地対艦ミサイルの射程内にあることを十分認識している」と述べた。

その上で「ペルシャ湾で1発銃弾が発射されれば、原油価格は100ドルを超える。これは米国や欧州、米同盟国である日本や韓国には耐え難いだろう」と語った。

^