大紀元時報

中国は天安門事件「悔やむ」べき、民主化推進を=台湾大陸委員会

2019年06月03日 17時00分
6月3日、台湾政府は、中国当局が民主化運動を武力弾圧した天安門事件から30年となる4日を前に声明を発表し、中国は同事件を「心から悔い」、民主改革を推進するべきだと主張した。写真は北京の天安門広場の警備員。5月に撮影(2019年 ロイター/THOMAS PETER)
6月3日、台湾政府は、中国当局が民主化運動を武力弾圧した天安門事件から30年となる4日を前に声明を発表し、中国は同事件を「心から悔い」、民主改革を推進するべきだと主張した。写真は北京の天安門広場の警備員。5月に撮影(2019年 ロイター/THOMAS PETER)

[台北 3日 ロイター] - 台湾政府は3日、中国当局が民主化運動を武力弾圧した天安門事件から30年となる4日を前に声明を発表し、中国は同事件を「心から悔い」、民主改革を推進するべきだと主張した。

中国当局は天安門事件に関する公のイベントを禁止しており、正確な死者数も公表していない。

台湾の大陸委員会は、声明で「中国は6月4日の事件を心から悔い、積極的に民主改革を推進しなければならない」とした。

また中国は1989年に起きた同事件を隠蔽(いんぺい)するため、「うそ」をつき、事実を「歪めている」と指摘した。

中国からの反応は今のところない。

同委員会は、中国の民主化に向けた動きをあらゆる手段で支援すると続けた。

^