大紀元時報

台湾総統選、与党・予備選は現職の蔡英文氏が勝利

2019年06月13日 15時58分
6月13日、2020年の台湾総統選に向けた与党・民主進歩党(民進党)の党内予備選は、現職の蔡英文氏(写真)が勝利した。台北で3月撮影(2019年 ロイター/TYRONE SIU)
6月13日、2020年の台湾総統選に向けた与党・民主進歩党(民進党)の党内予備選は、現職の蔡英文氏(写真)が勝利した。台北で3月撮影(2019年 ロイター/TYRONE SIU)

[台北 13日 ロイター] - 2020年の台湾総統選に向けた与党・民主進歩党(民進党)の党内予備選は、現職の蔡英文氏が勝利した。頼清徳・前行政院長を破った。

民進党の卓栄泰主席が記者団に明らかにした。同主席は「台湾の人々にとって最も強力な候補が選ばれた」とし、党内に結束を呼び掛けた。

民進党は、改革計画に対する批判や中国からの圧力増大を受けて、昨年の地方選で敗北している。

野党・国民党の党内予備選には、鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>の郭台銘会長が立候補しており、注目を集めている。

国民党の予備選の結果は7月に判明する見通し。

^