大紀元時報

カナダ首相、中国の習近平氏と「前向きな」会話 大阪G20で

2019年06月29日 15時12分

[オタワ 28日 ロイター] - カナダ首相府は、トルドー首相が28日、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の合間に中国の習近平国家主席と「前向きで建設的なやり取り」をしたと明らかにした。

カナダと中国の関係は、昨年12月にカナダ当局が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)を米国の要請を受けて逮捕したことを受けて悪化。それ以降で両国首脳が接触するのは初めて。

カナダ首相府の高官によると、トルドー首相がサミット中に習主席に何回か声をかけた。「今後、必要に応じてさらに話をする機会があるだろう」という。

サミットの映像では、トルドー首相と習主席が通訳を介して短時間話し、握手する姿が映っている。

^