大紀元時報

欧州の熱波は気候変動と一致、今後一段と強烈に=世界気象機関

2019年07月01日 17時49分
6月28日、国連の世界気象機関(WMO)は、今年は過去最も暑いレベルの年となる見通しで、そうなった場合、2015─19年は世界が過去最も高温の5年間になるとの見解を発表した。写真はニースで27日撮影(2019年 ロイター/Eric Gaillard)
6月28日、国連の世界気象機関(WMO)は、今年は過去最も暑いレベルの年となる見通しで、そうなった場合、2015─19年は世界が過去最も高温の5年間になるとの見解を発表した。写真はニースで27日撮影(2019年 ロイター/Eric Gaillard)

[ジュネーブ 28日 ロイター] - 国連の世界気象機関(WMO)は28日、今年は過去最も暑いレベルの年となる見通しで、そうなった場合、2015─19年は世界が過去最も高温の5年間になるとの見解を発表した。

WMOは、現在欧州を襲っている熱波が気候変動によるものと断言するには時期尚早としながらも、温室効果ガス排出の影響による極端な気象現象と完全に「一致している」と指摘した。

WMOの広報担当者はジュネーブで記者団に、「熱波はさらに激しくなり、より長期化し、より極端になり、早くに始まって遅くに終わるようになる」と述べた。

さらに、「まだ6月末というのに、すでに地球は過去最も暑い5年間になろうとしている」とし、今年1─5月は過去3番目に暑かったと付け加えた。

^