大紀元時報

香港情勢、平和的話し合いによる解決期待=条例改正案撤回で官房長官

2019年09月05日 12時42分
9月5日、菅義偉官房長官は午前の記者会見で、香港政府トップの林鄭月娥行政長官が「逃亡犯条例」改正案の正式撤回を表明したことを受け、平和的な解決に期待を示した。7月28日、東京で撮影(2019年  ロイター/Toru Hanai)
9月5日、菅義偉官房長官は午前の記者会見で、香港政府トップの林鄭月娥行政長官が「逃亡犯条例」改正案の正式撤回を表明したことを受け、平和的な解決に期待を示した。7月28日、東京で撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 5日 ロイター] - 菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で、抗議デモが続いている香港で政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が4日に「逃亡犯条例」改正案の正式撤回を表明したことを受けて「関係者の間の平和的な話し合いにより、事態が早期に収拾され、香港の安定が保たれることを強く期待している」と述べた。

一方、ロシアのプーチン大統領が、北方領土・色丹島の水産加工工場の稼働式典にビデオ中継で参加したとされることについて「ロシア側に申し入れを行うことも含めて適切に対応する」考えを示した。

^