大紀元時報

米フロリダ州の選挙戦、ブルームバーグ氏がバイデン氏に1億ドル支援

2020年09月14日 09時33分
9月13日、ブルームバーグ前米ニューヨーク市長は、フロリダ州でバイデン前副大統領の大統領選挙戦を支援するため、少なくとも1億ドルを投じる計画。写真はブルームバーグ氏。2月29日、ノースカロライナ州シャーロットで撮影(2020年 ロイター/Lucas Jackson)
9月13日、ブルームバーグ前米ニューヨーク市長は、フロリダ州でバイデン前副大統領の大統領選挙戦を支援するため、少なくとも1億ドルを投じる計画。写真はブルームバーグ氏。2月29日、ノースカロライナ州シャーロットで撮影(2020年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - ブルームバーグ前米ニューヨーク市長は、フロリダ州でバイデン前副大統領の大統領選挙戦を支援するため、少なくとも1億ドルを投じる計画。

ブルームバーグ氏のアドバイザーは、激戦州でのバイデン氏の選挙戦を支援する意向だと説明し、ブルームバーグ氏の支援で民主党やバイデン氏陣営はペンシルベニア州などの重要な州でより多くの資金を投じることが可能になると語った。

フロリダ州では9月24日から郵送投票が始まるが、バイデン氏は15日にフロリダ州訪問を予定している。

トランプ氏は、前回2016年の大統領選でフロリダ州で勝利した。それ以降居住地を同州に移し、定期的に訪問している。

最近の世論調査によると、フロリダ州でバイデン氏の支持率は高齢者の間で伸びているが、ラテン系有権者の間では伸び悩んでいる。同州で65歳以上の人の割合は5人に1人、ラテン系有権者の割合は4人に1人。

ブルームバーグ氏の支援資金はバイデン氏支持者の投票を促し、ラテン系有権者とのコミュニケーションを後押しするために使われるという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^