大紀元時報

「バイデンは次期大統領ではない」フェイスブック、「虚偽」と判定するも後に撤回

2020年12月2日 12時39分
保守的コメンテーターで政治活動家のキャンディス・オーウェンズ氏。2019年6月25日にワシントンで(Samira Bouaou/The Epoch Times)
保守的コメンテーターで政治活動家のキャンディス・オーウェンズ氏。2019年6月25日にワシントンで(Samira Bouaou/The Epoch Times)

フェイスブックファクトチェック(事実確認)サイトは先日、人気保守派コメンテーターであるキャンディス・オーウェンズ氏の「民主党大統領候補ジョー・バイデンは次期大統領ではない」という投稿に「虚偽」のラベルを貼った後、訂正を行った。

ファクトチェックを担当した​ポリティファクト(PolitiFact)は、オーウェンズ氏から法的措置をとるとの警告を受けて声明を発表した

PolitiFactは「11月20日、その決定に対する控訴がオーウェンズ氏の代理で行われた。PolitiFactは11月20日に控訴を承認し、修正が適切であると判断し、誤ったラベルを削除した」と述べた。

バイデン氏は大統領選挙での勝利を宣言しており、多くのメディアが彼を次期大統領と呼んでいる。大紀元は選挙に関するすべての訴訟が決着するまで、大統領選挙の勝者の発表を控える

動画の中でオーウェンズ氏は、選挙人団が誰に投票するかを決定し、彼らの投票が2021年1月6日に国会の合同会議で集計されるまで、バイデン氏は次期大統領ではないと説明した。

​オーウェンズ氏は、「ジョー・バイデンは文字通り、そして法的にも次期大統領ではない。ではなぜメディアは彼が次期大統領だと装っているのだろうか?」と字幕で説明している。

PolitiFactがこの主張を虚偽と判断した。オーウェンズ氏はその後、訴訟を起こすと警告した。

PolitiFacが最初の決定を訂正した後の11月28日、オーウェンズ氏はフェイスブックに「ファクトチェッカーは民主党のために嘘をついている」と投稿した。

​この訂正はPolitiFactのウェブサイトに掲載されていない。

12月1日現在、バイデン氏のフェイスブックの公式アカウント上での肩書きは「政治家」となっている。

PolitiFactフェイスブックから資金提供を受けており、フェイスブックが事実確認を行うために利用している約12のウェブサイトのうちの1つである。PolitiFactは主観的な判断が多いと広く批判されている。

大紀元が9月に報じたところによると、フェイスブックファクトチェック担当者の大半は左寄りの資金、人材、組織によって占められているという。

PolitiFactは11月初め、バイデン氏が「アメリカの次期大統領だ」という記事を掲載したが、多くのプロセスがまだ残されており、勝利宣言は主観的であることを認めている。

PolitiFactにコメントを求めたが、回答は得られなかった。​同社の広報担当者は以前大紀元に対し、PolitiFactは国際ファクトチェッキング・ネットワークのテストに複数回、合格していると話した。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^