大紀元時報

香港最高裁がメディア王の保釈取り消し、国安法違反巡り

2021年01月01日 14時11分
香港終審法院(最高裁)は31日、香港国家安全維持法(国安法)違反の罪などで起訴された香港紙・蘋果日報の創業者、黎智英(ジミー・ライ)氏の保釈を取り消し、再収監することを決定した(2020年 ロイター/TYRONE SIU)
香港終審法院(最高裁)は31日、香港国家安全維持法(国安法)違反の罪などで起訴された香港紙・蘋果日報の創業者、黎智英(ジミー・ライ)氏の保釈を取り消し、再収監することを決定した(2020年 ロイター/TYRONE SIU)

[香港 31日 ロイター] - 香港終審法院(最高裁)は31日、香港国家安全維持法(国安法)違反の罪などで起訴された香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)の創業者、黎智英(ジミー・ライ)氏の保釈を取り消し、再収監することを決定した。

高裁は23日、1000万香港ドル(130万米ドル)の保釈金とソーシャルメディアの使用禁止などの条件付きで黎氏の釈放を認めていた。

黎氏は8月、外国勢力と結託し国家の安全に危害を加えた疑いなどで逮捕された。6月30日に制定された国安法では、外国勢力との結託の罪は最高で終身刑となる。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^