大紀元時報

米台当局者、バイデン政権下で初会談

2021年02月11日 16時55分
ソン・キム米国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)は10日、台北駐米経済文化代表処(駐米代表部に相当)の蕭美琴代表とワシントンで会談した。バイデン政権下で、米台の当局者による公式会談は初めて。写真は台湾と米国の旗。台北で2018年3月撮影(2021年 ロイター/Tyrone Siu)
ソン・キム米国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)は10日、台北駐米経済文化代表処(駐米代表部に相当)の蕭美琴代表とワシントンで会談した。バイデン政権下で、米台の当局者による公式会談は初めて。写真は台湾と米国の旗。台北で2018年3月撮影(2021年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北 11日 ロイター] - ソン・キム米国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)は10日、台北駐米経済文化代表処(駐米代表部に相当)の蕭美琴代表とワシントンで会談した。バイデン政権下で、米台の当局者による公式会談は初めて。

蕭氏は「われわれの強力かつ広範囲なパートナーシップを反映し、相互利益に関する多くの問題について議論した。良い会談だった」などとツイートした。

米国務省東アジア・太平洋局は、キム氏と蕭氏がマスク姿で並んでいる写真をツイッターに投稿。「米国は、経済・安全保障上重要なパートナーである台湾との関係を深めている」とした。

バイデン政権は、米国の台湾へのコミットメントは「揺るがない」と確約。蕭氏は、先月20日のバイデン大統領の就任式に出席している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^