大紀元時報

五輪組織委会長の後任、正式な手続きに則って判断=官房長官

2021年02月13日 14時47分
2月12日、加藤勝信官房長官は、女性蔑視発言の責任を取って同日に辞任を表明した森喜朗・東京五輪パラリンピック組織委会長の後任人事は、正式な手続きに則って判断されるとの見解を示した。写真は五輪のシンボル。都内で1月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
2月12日、加藤勝信官房長官は、女性蔑視発言の責任を取って同日に辞任を表明した森喜朗・東京五輪パラリンピック組織委会長の後任人事は、正式な手続きに則って判断されるとの見解を示した。写真は五輪のシンボル。都内で1月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 12日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は12日午後の会見で、女性蔑視発言の責任を取って同日に辞任を表明した森喜朗・東京五輪パラリンピック組織委会長の後任人事は、正式な手続きに則って判断されるとの見解を示した。

政府が後任人事について意見を述べたとの報道に関しては「(同組織委は)公益財団法人として、独立した組織であり、正式な手続きに則って判断される」と述べ、その際には「透明性のある手続きで行われる」と語った。

今後、政府が後任人事で意見を述べるのかとの質問に対しても、同組織委は独立した組織であり、そのルールに従って決められると繰り返し、一部報道に対する具体的なコメントは避けた。

一方、米ファイザーからの新型コロナウイルス向けワクチンの空輸に関しては、到着時刻、数量などについては政府としてコメントしないと述べた。

(田巻一彦)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^