大紀元時報

メキシコの高架橋崩落で24人死亡、迅速な原因究明を大統領表明

2021年5月5日 16時55分
メキシコの首都で3日夜発生した起きた地下鉄高架橋崩落事故では、少なくとも24人が死亡、79人が負傷した。写真は地下鉄車両をクレーンで撤去する様子。メキシコ市で4日撮影(2021年 ロイター/Carlos Jasso)
メキシコの首都で3日夜発生した起きた地下鉄高架橋崩落事故では、少なくとも24人が死亡、79人が負傷した。写真は地下鉄車両をクレーンで撤去する様子。メキシコ市で4日撮影(2021年 ロイター/Carlos Jasso)

[メキシコ市 5日 ロイター] - メキシコの首都で3日夜発生した起きた地下鉄高架橋崩落事故では、少なくとも24人が死亡、79人が負傷した。

ロペスオブラドール大統領は4日の会見で、事故原因の迅速な調査と公開を表明し、関係者を処罰する意向を示した。

事故が起きた地下鉄12号線は、開通して10年も経っていないが、汚職や構造問題などが取りざたされてきた。

開通2年後の2014年には一部の駅に構造上の問題があるとして閉鎖。2017年の地震により支柱に問題が生じたことを政府のデータは示している。

首都メキシコ市はロペスオブラドール現大統領が市長に就任した2000年以降、大統領系の陣営が市長を務めている。12号線の建設中にはエブラルド現外相が市長だった。

事故調査は連邦検察と外部監査のノルウェー企業が行う。

12号線の建設には、実業家カルロス・スリム氏一族が経営するICA傘下CCICSAの企業連合と、仏アルストムのメキシコ法人が携わった。ICAによると、事故の起きた部分はCCICSAが工事を担当した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^