大紀元時報

ワクチン接種を加速化、安全安心の五輪は実現可能=菅首相

2021年5月8日 11時31分
5月7日、菅義偉首相は東京都などへの緊急事態宣言の延長を決定した後の会見で、ワクチン接種を加速化し、感染拡大を食い止めることに先頭に立って取り組むと強調した。代表撮影(2021年 ロイター)
5月7日、菅義偉首相は東京都などへの緊急事態宣言の延長を決定した後の会見で、ワクチン接種を加速化し、感染拡大を食い止めることに先頭に立って取り組むと強調した。代表撮影(2021年 ロイター)

[東京 7日 ロイター] - 菅義偉首相は7日夜、東京都などへの緊急事態宣言の延長を決定した後の会見で、ワクチン接種を加速化し、感染拡大を食い止めることに先頭に立って取り組むと強調した。東京五輪・パラリンピックについて、厳格な感染対策を行うことで国民の命を守り、安全安心な大会を実現することは可能だと述べ、開催方針に変更がないことを示した。

菅首相は感染対策として、選手への毎日の検査、選手や大会関係者と一般国民の交流回避などを挙げた。

<平常時の感染抑止に力点>

菅首相は大型連休に短期集中で取り組んだ今回の緊急事態宣言で人出は抑制できたと評価。今後は平常時に合わせて高い効果が見込まれる措置を取る考えを示した。政府は大型商業施設への休業要請を、午後8時までの時短営業に緩和する。菅首相は、感染拡大で深刻な影響を受ける個人や事業者への支援を引き続き行っていく方針を示した。

ワクチンに関しては1日100万回の接種を目標とし、7月末までに希望する高齢者すべての接種を終わらせるよう、あらゆる手段を尽くし、自治体をサポートすると語った。

さらに、ファイザー社から9月末までに新たに5000万回分のワクチンが追加されるとしたほか、来年分としてモデルナ社とノババックス社から合計2億回分の供給を受けることを前提に協議を進めていると述べた。

<宣言解除、今まで以上に慎重にと尾身氏>

宣言の解除時期について、コロナ対策分科会の尾身茂会長は変異株の拡大を踏まえ今まで以上に慎重に行う必要があると強調した。「(新規感染者数が)下げ止まってからすぐに解除すると、必ずリバウンドが来る」と述べ、「必要な対策を続けながら、大まかな目安として2―3週間はぐっと我慢することが、次の大きなリバウンドになるまでの時間稼ぎができるので必要だ」と語った。

6都府県への緊急事態宣言による実質GDP(国内総生産)への影響について、大和総研は7日付のリポートで1カ月あたり0.8兆円程度の減少と推計。「4―6月期の実質GDPは1―3月期からV字回復するどころか、前期比年率マイナス0.8%と2四半期連続のマイナス成長が見込まれる」と指摘している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^