大紀元時報

【写真】蘋果日報、26年の歴史に幕 最後の新聞に市民らが長蛇の列

2021年6月25日 16時36分
23日夜、多くの市民は蘋果日報社のビル周辺に集まった。「蘋果、支持」と訴える市民の姿も(宋碧龙/大纪元)
23日夜、多くの市民は蘋果日報社のビル周辺に集まった。「蘋果、支持」と訴える市民の姿も(宋碧龙/大纪元)

中国・香港政府の圧力で閉鎖に追い込まれた民主派の香港紙は24日、最終号となる朝刊を100万部増刷し、26年の歴史に幕を下ろした。香港各地では最後となる蘋果日報を買い求める市民が長蛇の列を作った。

蘋果日報は23日午後、翌日の朝刊をもって閉鎖すると発表した後、多くの市民は同社ビル周辺に集まった。「蘋果、支持」「香港人、頑張れ」「記者のみなさん、ありがとう」と書かれたプレードを手に、最後の声援を送った。また、「危険にさらされながらも真相を伝え続けてくれてありがとう」などと感謝の言葉を並べた紙を貼り付けた市民もいた。

最後の編集作業を終えた社員らはベランダに出て、携帯電話のライトを点灯し、市民との別れを惜しんだ。

退社する社員が送迎のシャトルバスに乗り込むと、「香港人と雨の中のつらい別れ」と印刷された新聞の1面を車外に向けて掲げた。

24日、朝刊が店頭に並ぶと、多くの市民は雨の中で列を作った。中に見入るように新聞を読む市民の姿があった。

 

蘋果日報」と書いたプラカードを手にする市民(宋碧龙/大纪元)
23日夜、蘋果日報の社屋周辺に集まった市民。携帯電話のライトを点灯させ、「香港人、頑張れ」と叫んだ(宋碧龍/大紀元)
蘋果日報の社員も携帯電話のライトを点灯させ、市民との別れを惜しんだ(宋碧龙/大纪元)
蘋果日報の社員も携帯電話のライトを点灯させ、市民との別れを惜しんだ(宋碧龙/大纪元)
退社する社員は「香港人と雨の中のつらい別れ」と印刷された新聞の1面を車外に向けて掲げた(宋碧龍/大紀元)
「香港人、頑張れ」と訴える市民(宋碧龙/大纪元)
最後の発行となる蘋果日報の新聞を買い求めるために、市民は長蛇の列を作った(宋碧龙/大纪元)
多くの市民は最後の発行となる蘋果日報を買い求めている(宋碧龙/大纪元)

(翻訳編集・李沐恩)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^