大紀元時報

駐アフガン米大使館員、空港に全員避難 米軍が周囲警備

2021年8月16日 13時41分
8月15日、米国務省はアフガニスタンの首都カブールに駐在する大使館員は全員が無事に避難し、現在はハミド・カルザイ国際空港の敷地内にいると発表した。タリバンへの反対デモに参加した女性、米ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Ken Cedeno)
8月15日、米国務省はアフガニスタンの首都カブールに駐在する大使館員は全員が無事に避難し、現在はハミド・カルザイ国際空港の敷地内にいると発表した。タリバンへの反対デモに参加した女性、米ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Ken Cedeno)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米国務省は15日夜、アフガニスタンの首都カブールに駐在する大使館員は全員が無事に避難し、現在はハミド・カルザイ国際空港の敷地内にいると発表した。

国務省のプライス報道官は声明で、カブール空港の「周囲は米軍が警備している」と述べた。

^