ロシアの平和条約交渉打ち切り、「断じて受け入れられず強く抗議」=官房長官

2022/03/22
更新: 2022/03/22
コメント

[東京 22日 ロイター] – 松野博一官房長官は22日午前の閣議後会見で、ロシア外務省が平和条約交渉を打ち切ると発表したことについて「極めて不当であり断じて受け入れられない、強く抗議する」と述べた。こうした日本の立場を外務省がガルージン駐日ロシア大使に伝えたという。

松野長官は、今回のロシア外務省の発表は「ロシア側から事前に説明はなかった」とした。「今回の事態は全てロシアによるウクライナ侵略に起因して発生しているものであり、それを日ロ関係に転嫁しようとするもの」との認識を示した。

ロシア外務省は21日、日本がウクライナ情勢を巡る対ロシア制裁を導入したことを受け、日本との平和条約交渉を打ち切ると発表した。北方領土(北方四島、ロシア名クリル諸島)での共同事業に関する日本との協議も打ち切る。

北方領土は日本が領有権を主張し、ロシアが実効支配している。

(杉山健太郎)

Reuters
Reuters