米国務・国防長官がキーウ初訪問、支援継続を表明 外交官も帰任

2022/04/25
更新: 2022/04/25
コメント

[ポーランド南東部 25日 ロイター] – 米国のブリンケン国務長官オースティン国防長官は24日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問し、ゼレンスキー大統領と会談した。ロシアが軍事侵攻した2月24日以降、米高官による初のウクライナ訪問となる。米当局者によると、両長官はウクライナへの支援継続や米外交官の帰任などを伝えた。

今回の米高官らのウクライナ訪問にメディアは同行しなかった。米当局者は、米高官らが安全に出国した後に報道することを条件に記者団に会談について明らかにした。

米当局者によると、両長官は会談で、ウクライナとロシアによる侵攻の脅威にさらされている中・東欧およびバルカン諸国15カ国に対して7億1300万ドルの新たな支援を表明した。

また、ウクライナから一時退避させた米外交官を段階的に帰任させる考えを伝えた。来週まずポーランド国境に近いウクライナ西部の都市リビウので業務を始める計画という。

米政府はロシア軍事侵攻の約2週間前にキーウの大使館から職員を退避させ、大使館機能をリビウに移転、最終的にはポーランドに移した。

米当局者はまた、バイデン大統領が25日、2年以上空席だった駐ウクライナ大使に現駐スロバキア大使のブリジット・ブリンク氏を正式に指名することも明らかにした。

Reuters
Reuters