米国防長官が中国批判、領有権主張で「より威圧的、攻撃的」

2022/06/11
更新: 2022/06/11
コメント

[シンガポール 11日 ロイター] – オースティン米国防長官は11日、台湾周辺を含め中国がアジア地域でますます攻撃的な姿勢を強めていると指摘し、米国は緊張関係を管理するためにやるべきことに取り組む考えを示した。

シンガポールで開催中のアジア安全保障会議(シャングリラ対話)で演説したオースティン国防長官は、台湾を含め、同盟・友好関係にある国や地域を支持し続けると表明。「中国が領有権を主張するに当たって威圧的かつ攻撃的なアプローチを取っている状況では、(米国の支持は)特に重要だ」と語った。

長官は、中国と周辺国の航空機や艦艇が接触しそうになる危険な事例が「憂慮するほど」増えているとも指摘した。

米国の台湾政策については、一方的な現状変更に引き続き反対すると説明。「われわれの政策は変わっていない。だが残念なことに、中国には当てはまらないようだ」と述べた。その上で、米国は中国との緊張関係をうまく管理し、衝突を防ぎ、平和と繁栄を追求するためにすべきことをしていくと語った。

中国軍幹部のZhang Zhenzhong氏は、オースティン長官の演説を敵対的だと批判。「中国に対する多くの根拠のない主張がなされた。われわれはこれに強い不満と反対を表明した」と説明。米国は対立をあおる目的でアジア太平洋地域の一部の国を取り込んで、小さなグループを作ろうとしていると述べた。

オースティン長官と中国の魏鳳和国防相は10日、シンガポールで会談し、主に台湾問題について話し合ったが、双方ともそれぞれの立場を譲らなかった。

オースティン氏は「台湾海峡の平和と安定の維持は米国だけでなく、国際社会の関心事だ」と語った。

11日の演説はアジア太平洋地域に対する米国のコミットメントが主な内容だった。オースティン氏は、米国はアジアでの存在感を維持していくとした上で、「われわれは対立を望まない。新たな冷戦もアジア版NATO(北大西洋条約機構)も、敵対するグループへの分裂も望まない」と語った。

また、ロシアによるウクライナ侵攻については、「われわれを守るルールを迫害者が踏みにじるときに起こることを表している」と述べた。

Reuters
Reuters