フォトニュース

写真で世界を振り返る 12月7日から13日まで

2015/12/18 04:56

 欧州

今月9日、メルケル・ドイツ首相は「開かれたボーダレスな欧州を維持、促進してきた指導力」を発揮したとして、タイム誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に選ばれた。個人の女性が選ばれるのは、1986年のフィリピン・アキノ大統領以来で29年ぶり。(AFP/GettyImages)
今月10日、フランスで地方議会選の第一次投票では、反移民政策の極右「国民戦線」は13選区のうち6カ所で首位に立っていた。写真は国民戦線のマリーヌ・ル・ペン党首(左)と姪のマリオン・マルシャル・ル・ペン氏。しかし、後の決選投票では、「国民戦線」は全ての選区で敗退した。(PATRICK KOVARIK/AFP)
今月10日、ストックホルムのコンサートホールで開かれた2015年ノーベル賞授賞式の授賞式。起立する3人の向かって左から医学生理学賞のウィリアム・C・キャンベル氏、大村智氏、屠呦呦(トゥ・ユウユウ)氏。受賞理由は、キャンベル氏と大村氏は寄生性線虫による感染症に対する新規治療法の発見、屠氏は感染症マラリアを治療する有効成分の発見。屠氏は中国本土初の自然科学系ノーベル賞受賞者となった。(SOREN ANDERSSON/AFP/GettyImages)
今月11日、ウクライナのヤツェニュク首相(右)が、最高会議で演説していたところ、連立与党の議員に身体を持ち上げられて演台から引きずりおろされた。その後、議会では乱闘が起きた。(Sergei SUPINSKY/AFP/GettyImages)

 北米・南米

今月10日、米オバマ大統領は新しい教育改革法案「どの子も成功する法案」にサインした。これは25年以来「どの子も置き去りにしない法」に対する最大の修正だ。新法案は各州の教育に大きな影響を与えるとみられている。(Chip Somodevilla/Getty Images)
アメリカとキューバ間の直接郵便再開。今月11日、アメリカはキューバとの国交回復を受け、52年間中断したキューバへの直接郵便を再開すると発表した。まずは数週間のテスト運営し、最終的には1週間に数回、航空便を飛ばす方向である。(ANA RODRIGUEZ/AFP/GettyImages)
今月10日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、マクリ新大統領の就任式が行われた。写真はマクリ大統領とその妻子が大統領官邸カサ・ロサダのベランダで民衆に手を振っている姿。アルゼンチンは12年に渡る左派政権に終わりを告げ、新たな時代を迎えた。(AFP/GettyImages)
今月11日、国際宇宙ステーションから日本の油井亀美也氏を含む3人の宇宙飛行士が帰還、カザフスタン南部の草原に着陸した。21日夜に米国で記者会見を開く予定。写真は宇宙飛行士のチェル・リングリン氏。(ANDREI SHELEPIN/AFP/GettyImages)

 アジア 

今月7日18時30分、北京市政府は深刻な大気汚染が続くと予測される際に出す4段階の警報のうち、最高レベルの「赤色警報」を初めて発令した。赤色警報は10日12時まで続き、学校休校、車両運転制限などの措置をとった。(Kevin Frayer/Getty Images)
今月12日、北朝鮮の牡丹峰(モランボン)楽団は中国・北京での公演を突然キャンセルし、北朝鮮へ帰国した。(ChinaFotoPress/ChinaFotoPress/GettyImages)
今月13日、東アジアで最も大きな国際競馬の香港国際競走が香港・シャティン競馬場で開催され、武豊騎手騎乗のエイシンヒカリが香港カップ1着で優勝した。武豊騎手は賞金1425万香港ドル(約2億2230万円)を獲得。(ANTHONY WALLACE/AFP)
 
今月13日、ミャンマー・ヤンゴン。国民民主連盟(NLD)を率いるアウン・サン・スー・チー氏は、ミャンマー最大都市・ヤンゴンでNLD主催のゴミ拾いに参加した。ミャンマーでは、ゴミ収集システムが無く、市民によるごみのポイ捨てが横行している。スー・チー氏は市民に模範を示すとともに、公共サービスに力を尽くす決心を固めた。(YE AUNG THU/AFP/Getty Images)

 中東

今月7日、シリア北部アレッポ。5年にわたる内戦で25万人を超える市民が亡くなり、12万人以上が難民となった。写真は、破壊された建築物にいる市民。(KARAM AL-MASRI/AFP/Getty Images)
今月9日から10日にかけて、サウジアラビアの首都リヤドで100人以上のシリア反体制派が会議を開いた。会議後の声明では、アサド大統領の辞任が前提として、来年1月上旬に国連の仲裁によるシリア政府との談判に参加することを表明した。写真はサウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王(右)と反体制派(左)が握手している。(SPA/AFP/GettyImages)
 
サウジアラビア、史上初女性が投票。今月12日、サウジアラビアで実施された地方議会の選挙で、初めて女性の参政権が認められた。サウジアラビは女性に対して最も厳しい国の一つであり、女性の権利拡大に向けた重要な一歩と期待されている。(AFP/Getty Images)

 

注目記事
^