北朝鮮

「脱北者をお金のために通報しないで」元・脱北少女 中国で訴える

2016年04月25日 06時00分

 過酷な脱北経験をもつ李炫秀(イ・ヒョンソ、Hyeonseo Lee)さんは、北京で開かれた講演会で、自分の脱北体験を明かし、さらに中国政府の脱北者に対する非人道的な対応を批判した。脱北について中国で公にスピーチされるのはめずらしい。また、中国人が懸賞金を得るために、中国へ渡った脱北者を政府へ通報していることも明かした。ニューヨーク・タイムスが1日に報じた。

 1997年の真冬の夜。17歳の李さんは、中朝間をへだてる凍った鴨緑江を渡り、中国入りした。紆余曲折を経て11年後、韓国に入国し、政府に保護された。2013年2月に講演会動画サイト「TED」でその過酷な体験を暴露すると、現在までに再生回数400万回に達する高い注目を集めた。

 北京での講演、中国の強制送還を非難

 李さんは3月26日、北京で開催された図書展覧会で英語でスピーチし、自身の著書「7つの名前を持つ少女」を紹介した。そのなかで、共産党が脱北者を強制送還していることに抗議した。

 「数ケ月前、私は微博(中国版ツイッター)で100件もの攻撃的なメッセージが送られてきた。これほど多くの中国人が脱北者を憎んでいるなんて驚いた。彼らは中国政府の宣伝を信じ込み、私たちを反逆者だと思っている」と、ニューヨーク・タイムスに答えた。

 李さんは、中国人ではなく、中国政府とその政策を嫌っていると話す。「中国の政策とは、脱北者を通報すればお金がもらえるというもの。3千元から5千元(約5万4千円から9万円)が手に入るらしい。中朝国境地帯の中国人の多くは、金銭目的で脱北者を通報する。本当に悲しい現実」と述べた。

 李さんは講演の依頼を受け入れるまで、半年の時間を要した。家族の安全も確保しなければならなかったという。しかし、共産党の宣伝を信じる中国人に真実を知らせるため、北京で講演会を行うことを決断した。

関連キーワード
^