血塗られたビジネス

臓器の待機時間はわずか4時間…党中央が指揮する中国の臓器収奪

2017年07月23日 11時08分

 「肝臓移植が入院からわずか4時間で行われる…こんなことは医学上ありえない」。中国では、多くの法輪功学習者から強制的に臓器を収奪されている、との証拠がいまだに出続けている。最近、公開されたドキュメンタリー映画『臓器狩り 10年の調査(活摘十年調査)』は、この残虐行為は、中国共産党の中央が指揮していると伝えている。

 冒頭は、世界平均2~3年の待ち時間を要する移植手術が、上海長征病院で異常な速さで行われた、という映画の主な出演者・汪志遠氏の言葉だ。汪氏は、中国で30年間、空軍医として在籍した後、1995年に渡米。ハーバード大学で心血管疾患の研究員となった。汪氏は法輪功迫害について調べる国際組織「追査国際」(WOIPFG、本部=米国)の創設者兼代表でもある。

 監督は、中国テレビ芸術の最高賞「金鷹賞」を3回受賞した、南京市テレビ局元ディレクター・李軍氏。映画は、2017年1月にハリウッド国際独立ドキュメンタリー映画祭で最優秀監督賞と最高海外ドキュメンタリー映画賞を受賞した。

 ストーリーは、2016年8月にWOIPFGの報告書「世界臓器収穫犯罪要覧」の内容に基づく。「臓器狩り」計画は、すでに10数年以上続いている、莫大な利益を生むビジネスとなっていると指摘。汪氏は、軍、病院、裁判所などが組織立って広範囲に行われており、「臓器狩り」は倫理の欠如した病院や外科医たちだけの殺人ではないと主張する。

 臓器狩りは、2016年4月時点も続いているとみられる。映画で流されたWOIPFGの録音電話で、黒竜江省牡丹江市の刑務所の高官は、拘束した法輪功学習者から「(臓器を)全部採って売ったよ、俺は屠殺者と呼ばれているんだ!」とはばからずに発言した。

病院のボイラー室で「生きたままの人も…焼かれている」

 瀋陽市蘇家屯にある遼寧省血栓中西医結合医院で、大勢の囚われの身となった法輪功学習者から臓器を摘出したとの内部告発を受けて、汪氏は独自調査を行うことを決意した。

 この告発は、脳外科医の妻で同病院事務員だったアニーさんから。「毎日、何人もの法輪功学習者から角膜や臓器が摘出された」と述べ、身体は証拠隠滅のため、ボイラー室で焼かれていたと明かした。「なかには生きたままの人もいた」という。

 この証言は2006年3月、米ワシントンで米中首脳会談が行われる最中、在米法輪功修練者が主催する集会で行われた。

 WOIPGは臓器狩りに関する情報を調べたところ、中国の865以上の病院と9500人以上の外科医が「臓器狩り」関与の疑いがあるとした。

 また、年間平均の臓器移植手術が2000~3000件の病院が96カ所あり、この数だけを総計しても、中国全体で19万2000件もの手術が行われていることになる。臓器の出所は、「強制的なドナー」となった、収容所で大量に拘留された法輪功学習者とされる。1999年7月20日の弾圧政策開始以後、全国で大勢の法輪功学習者が強制連行され、そのまま行方不明になっている。

関連キーワード

関連特集

^