珍景

【写真】小石もポロリ 日の当たらない崖の間ホテル=陝西省

2017年11月08日 11時57分

 陝西省の延川県にユニークなホテルが誕生した。絶壁に囲まれ、あまり日があたらない。街は近くとも、谷側なら喧騒も届かず、静寂のなか眠ることができるかもしれない。ただし、崖には「落石注意」の注意書きは貼られている。

 中国ポータルサイト・網易によると、ホテルは岩肌の露出した谷間に建てられた8階建て。崖からホテルは3~4メートルしか離れていない。

 北京青年報の取材に応えた地元当局者によると「ホテルは2016年に完成した。丘陵の多い延川県では建物を建てる土地が限られているため、(一見危険に見える)偏狭な土地でさえ、建設を許可している」という。

 災害のリスクは?北京青年報の質問に、ホテルのスタッフは「建物は安全だ。崖の壁面は補強している」と自信を示したが、岩肌には「落石に注意」の警告板が貼られており、ときおり小さな石の落下は見られる。「延川県にはよくあることで、仕方がないよ」と述べた。

崖に挟まれた日の当たらないホテル(西安本地@weibo)
崖に挟まれた日の当たらないホテル(西安本地@weibo)

おすすめ記事:【動画】心臓に悪い…標高1180M、ガラス製登山道の足場の上で転倒、亀裂バリバリ

(翻訳編集・佐渡道世)

関連キーワード
^