THE EPOCH TIMES

「非核化」は「核廃棄」にすべき 北朝鮮の言葉戦術に注意=韓国研究

2018年04月20日 06時00分

韓国保守系のシンクタンクは最近、南北会談および初となる米朝会談を控え、金正恩政権の「非核化は先代からの遺訓」との巧みな言葉の罠にはまらないように、と警戒を呼び掛けた。

韓国シンクタンク「峨山(アサン)政策研究所」のチョン・ソンフン研究員は3月30日に発表した文書で、北朝鮮のいう「非核化」は、根本的に米側の勢力を朝鮮半島から取り除くことであり、駐韓米軍の撤収と米韓同盟の崩壊であると指摘した。

チョン氏は、北朝鮮の非核化への歩みに関する一編の分析文を掲載。そのなかで、4月27日に予定された南北会談までに、北朝鮮の「非核化」定義で混乱しないために、今まで米国の前政府が主張した「非核化(Denuclearization)」から、トランプ大統領の唱える「完全で、不可逆的な、検証可能な核廃棄」(Complete、Irreversible、and Verifiable Dismantlement:CIVD)に意味を置き変えなければならないとした。

北朝鮮の「非核地帯化」に対抗するために作った米韓の「非核化」

冷戦期の1950年代、北朝鮮は旧ソ連を牽制するために米国の核戦術が及ぶ頃から、朝鮮半島の非核地帯化を主張し始めた。1980年には金日成・前国家主席が第6次党大会で、正式に言及した。

以後、1991年には第4次南北閣僚級会談で、北朝鮮は、在韓米軍の撤退、アメリカの核の傘破棄など、米韓同盟の崩壊に焦点を当てた「朝鮮半島の非核地帯化に関する宣言(初案)を発表した。

当時の韓国の盧泰愚(ノ・テウ)政府はこれに反論し、核兵器開発の無条件停止と国際査察団の受け入れを求めた。同年11月8日には、韓国政府が在韓米軍、核の傘の保護と米航空機、艦船の着陸・通過の許可を含む「朝鮮半島の非核化と平和政策に関する宣言」を発表した。

チョン氏は、「非核化」という言葉がここで公式の場に初めて現れたと述べる。

北朝鮮の緻密な言葉戦略、「北朝鮮の非核化」を「朝鮮半島の非核地帯化」にすり替える

関連キーワード
中国の今を伝える 大紀元時報を「LINE@」で登録する方法
【Mac/PC】スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

【スマホ】下記ボタンをタップ
友だち追加
^