THE EPOCH TIMES

英国が次期戦闘機開発構想を発表、日本などと連携の可能性協議

2018年07月17日 14時27分

[ファンボロー(英国) 16日 ロイター] - 英政府は16日、航空見本市「ファンボロー国際航空ショー」で次期戦闘機「テンペスト」の開発計画を明らかにした。ドイツとフランスは1年前に次期戦闘機を共同開発する計画を明らかにしており、欧州の今後の防衛協力を巡り不透明感が強まった。

ウィリアムソン英国防相は、2025年にかけて20億ポンド(27億ドル)を戦闘機開発に投じ、さらなる資金を拠出する国際的パートナーを模索する方針を明らかにした。

テンペストは戦闘機「ユーロファイター・タイフーン」の後継機となるもので、英防衛最大手BAEシステムズ<BAES.L>と英航空機エンジン大手ロールスロイス <RR.L>、イタリアの航空防衛大手レオナルド<LDOF.MI>、欧州のミサイル大手MBDAが開発に加わる。

英王立空軍のサイモン・ロシェル少将は、協業相手の候補に挙がっているスウェーデンや日本などの諸国と協議していると明らかにした。

次期戦闘機は有人飛行のほか、ドローンとして無人飛行することも可能になる。

ドイツとフランスによる戦闘機開発計画はエアバス<AIR.PA>と仏ダッソー・アビアシオン <AVMD.PA>が主導。業界幹部らは、英国と欧州連合(EU)が英離脱後の将来的な関係について交渉をまとめることができれば、独仏共同計画と英国の戦闘機構想を最終的に統合することが可能になると指摘する。

エアバス防衛部門責任者のダーク・ホーク氏はロイターに、戦闘機計画を統一できなければ、欧州の防衛市場のさらなる分断化につながると警告。「政治家が(統一しない方針を)決めた場合、われわれはそれに適応する必要があるが、これは欧州にとって悪い決定になるというのが私の意見だ」と述べた。

レオナルドのアレッサンドロ・プロフーモ最高経営責任者(CEO)は欧州の戦闘機計画が統一されることに期待感を示した。

英空軍のロシェル少将は、英国と独仏の計画が統一化されるかどうかは不明としたうえで、「多くの諸国と協議を行っている」と述べた。

アナリストらは、協業相手としてはスウェーデンが選ばれる可能性が高いと予想するが、韓国、日本、トルコ、サウジアラビアも候補に挙がっている。

専門家らは、最新鋭の戦闘機を開発するコストが高いことを踏まえると、欧州で2つの開発計画を支えるのに十分な需要は恐らくないと指摘する。

英国は、次世代戦闘機を2035年までに実践配備することを目指している。

ドイツ国防省の報道官は、英国の開発計画についてコメントは差し控えたが、独仏共同開発はさらなるパートナーに門戸を開いていると述べた。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^