十月一日、天安門広場で抗議頻発、多数を逮捕

2005年10月01日 21時10分
【大紀元日本10月1日】天安門広場からの情報によると、中国共産党政権の成立を記念する10月1日、午前七時から同十時までの間、天安門広場で抗議事件が数件もあったという。3時間で、パートカー7台が駆けつけ、約百七十人が逮捕され連行された。

 
(大紀元)

午前十時ごろ、子連れの女性が天安門広場の旗竿前に突入し、当局への不満と抗議のチラシ数百枚を空中に投げ出した。その後、女性は子どもと共に逮捕された。また、他に逮捕されたのは、女性と一緒の障害者夫婦と4人の子どもなど十数人。

 
(大紀元)

当日、広場には観光客は多くいたが、警備も平日より厳しかった。広場に入る地下通路の入り口から、広場の中と外まで数多くの警察とパートカーが見られた。広場に入ろうとすると、カバンを持っている人々が中身をチェックされていた。

 
(大紀元)

新疆の刑務所に拘束された人々に対する残酷な虐待を訴える直訴者・馬少平さんなども、地下通路の入り口で逮捕され連行された。河北省唐山市からの直訴者ら20人あまりが、広場の外で逮捕されたという。

(記者・趙子法)


関連キーワード
^