印刷版   

ブルース・リーのかつての恋人、ベティ・ティンペイ(丁佩)氏 (AFP/Getty Images)

ブルース・リーのかつての恋人・丁佩氏、自叙伝を近刊

 【大紀元日本4月28日】有名アクション・スター、ブルース・リーのかつての恋人といわれる70年代の女優、丁佩(ベティ・ティンペイ)氏は、このほど香港メディアのインタビューを受け、自敍伝を近刊、ブルース・リーが丁氏宅で逝去した時に生じた噂の真相を明らかにすると語った。

 香港メディアのインタビューで丁氏は、実娘の要求で自叙伝を出版する意向を示し、かつての大スター・ブルース・リーとの往事、特にリー氏が亡くなった1973年前後の事件、その当時生じた誤解などについて明らかにすると述べた。自叙伝は自ら執筆せず、英国の友人に代筆を依頼する意向だという。

 丁氏宅でリー氏が死亡した時、丁氏は大衆の指弾を受けたが、死で自らの潔白を立証したかったと当時の心境を明らかにした。以後、丁氏はうつ状態となり、麻薬に約1年間溺れ、幸いにも中毒からは逃れたが、大脳に損傷を受け、精神分裂症気味となり、同時に欠落した記憶を回復するのが困難になったという。その後一念勃起し、現在では1万9000句の仏典さえ記憶できるほど回復したという。

 丁氏は、現在までリー氏の洋服・ズボン・背広を大切に保管しているという。昨年、香港の芸能人、周星馳(チャウ・シンチー)氏が映画 「少林サッカー」を企画していた当時、丁氏をホテルに招待し、資料を作成収集した。「英雄を見抜いて英雄を重視する」周氏に感動した丁氏は、リー氏の遺品の中から非常に小さな洋服ズボンを周氏に贈呈した。

 実娘は「それ程貴重な品物を他人に与えてはいけない」と恨み事を言ったが、「少林サッカー」を観てから、「受けるに値する人に与えた」と納得したという。

 丁氏は、後にリー氏遺品の背広を着て大衆に披露し、近くブルース・リー記念館を設立、リー氏の遺品を展示するのだという。

 (06/04/28 12:12)  





■関連文章
  • 清朝・乾隆帝時代の逸品、香港の競売で落札(06/04/18)
  • 北朝鮮の偽ドル札を黙認してきた中共、被害者に転身(06/03/23)
  • 香港の専門家:大陸の家畜の1%が鳥インフルに感染(06/03/11)
  • 中国浙江省:鳥インフルエンザ、初の人体感染、女児死亡(06/03/09)
  • 香港大紀元印刷工場の多難な起業ストーリー(06/03/07)
  • 広州男性、鳥インフルエンザ感染による死亡が確認(06/03/06)
  • 香港議員、大紀元襲撃事件を非難(06/03/03)
  • 香港大紀元オフィス、中共暴徒らが不法侵入、印刷機械を破壊(06/03/02)
  • 中共、政治関与問題で、新枢機卿の陳司教に警告(06/02/25)
  • 中国共産党離脱800万人支援デモ集会、アジア各地で展開(06/02/22)
  • アジア環太平洋地区、ハンスト・リレー相次ぐ(06/02/16)
  • ヤフー香港現地法人、中共当局へ個人情報漏洩(06/02/15)
  • 中国国際航空公司、上海で株式上場(06/02/13)
  • 駐香港日本総領事、「日港関係は、日中関係に影響受けない」(06/02/10)
  • 香港立法会議員など、中国の民主を促進、人権応援の断食リレーに参加(06/02/09)