大紀元時報

イスラエルとの国交正常化でF35の購入が可能に=UAE高官

2020年08月21日 12時08分
8月20日、アラブ首長国連邦(UAE)の高官は、イスラエルとの国交正常化合意により、米国からの最新鋭ステルス戦闘機「F35」購入を妨げるものはなくなるとの認識を示した。 イスラエル・ネタニヤで17日撮影(2020年 ロイター/ Nir Elias)
8月20日、アラブ首長国連邦(UAE)の高官は、イスラエルとの国交正常化合意により、米国からの最新鋭ステルス戦闘機「F35」購入を妨げるものはなくなるとの認識を示した。 イスラエル・ネタニヤで17日撮影(2020年 ロイター/ Nir Elias)

[ドバイ/ワシントン 20日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)の高官は20日、イスラエルとの国交正常化合意により、米国からの最新鋭ステルス戦闘機「F35」購入を妨げるものはなくなるとの認識を示した。

湾岸諸国へのF35売却を巡っては、米国がイスラエルに中東地域における軍事的優位性を保証していることから、慎重な検討が必要とされる。

高官は、米シンクタンク、アトランティック・カウンシルとのオンラインインタビューで、イスラエルとは交戦状態に入る恐れがなくなったと指摘。ただ、イスラエルとの国交正常化合意後に米国にあらためて売却要請は行っていないと明らかにした。

UAEは長年、F35の購入に意欲を示しており、業界筋によると米国もUAEへの売却に前向きという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^