法輪功学習者を対象にした中国の臓器狩りで、カナダ法政界関係者、調査報告書を発表

2006年07月10日 09時00分
 【大紀元日本7月8日】カナダ議会議員デービッド・キルガー(David Kilgour)氏=カナダ外務省前アジア大洋州局長=と国際人権弁護士デービッド・マタス(David Matas)氏は6日、カナダ議会で記者会見を開き、中共による法輪功学習者の臓器を強制摘出する告発について、二ヶ月間を費やした調査の結果をカナダ政府とメディアに公表した。両氏は、中国における法輪功学習者の臓器を生きたまま強制摘出する告発は紛れもない真実であるとの調査結果を発表した。

 マタス弁護士は記者会見で、「すべての証拠を詳しく検証した結果、我々の調査結論は、法輪功学習者の臓器を生きたまま摘出するのは、紛れもない事実であり、本人の意思に反する、法輪功学習者を対象とした、この大規模な臓器狩りは常に存在し、未だに行われていると我々は信じる…私たちもその調査結果に驚いており、これは地球上において前代未聞の邪悪な行為だ」と述べた。

 報告書の公表は、主要メディアの注目を引き寄せ、ロイター、AFP、BBC、カナダ通信社及びカナダの2大テレビ局CBCとCTVなど、報告書の発表を即日報道した。カナダ通信社によると、カナダ外相ピーター・マッケイ(Peter Mackay)氏の議会秘書、保守党議員デーパック・オブライ(Deepak Obhrai)氏は、中共による法輪功学習者の臓器を強制摘出する告発を厳重に扱うと表明、保守党政府は同告発に関する調査を展開する計画という。

 今回の調査報告書では、調査方法や、証拠、結論、提案および関連の参照資料などが詳細に記録されている。キルガー氏とマタス氏は数週間の時間をかけ、証拠を収集・検証し、証人に接触、さらに中国に入国し現地での調査を計画したが、中国大使館は、この調査チームの中国への入国要請に応じなかった。

 報告書の結論では、「中共政権指導部とその地方政権、特に病院や、強制労働収容所と人民法院(日本の裁判所にあたる)は、1999年以来(法輪功への集団弾圧が始まった年)、大勢の無実の法輪功学習者を処刑した。彼らの臓器、心臓や、腎臓、肝臓、角膜などが一斉に強制摘出され、高値で販売され、時には外国人に売っている。これらの外国人患者は、自国ではドナーが提供する移植に適合臓器を待つのに、長い期間が必要である。我々が採択した証拠の細かい点はすべて検証できる。大半の案件は反論できないはずだ。これらの案件を総合した結果、(臓器狩りの)犯罪構図が浮き彫りになった。これらの証拠がこの告発の信憑性を確かなものにしてくれた」と書き記している。

 報告書の中のデータ分析では、「中国医学臓器移植協会の副主席・石秉義教授によると、2000年から2005年の6年間、中国国内で6万件の臓器移植を行ったという。一方、迫害直前の1994年から1999年までの間は、計18500件の臓器移植を実施した。(大幅に増加した)約41500件の臓器移植について、その出所を説明できない」と説明した。

 報告書が提供した証拠の中、生きていた法輪功学習者の角膜を2千回あまり強制摘出した外科医の元妻の証言も含まれている。これらの証人は法輪功学習者ではない。

 報告書によると、調査者たちは、カナダや豪州、フランス、米国などにいる証人に、面談やインターネット通信などの方式で調査を行った。数多くの証拠の中でも、中国語の電話録音が最も重要で、中国の臓器移植に参加する医者、病院と強制労働収容所の関係者の話が収録されている。6日での記者会見で、カナダ数十社のメディア記者に、一部の電話記録が公開された。

 調査員:(移植手術を受けるのに)どのぐらい待機するのですか。

 医者:(病院に)ついてから、約1週間ぐらいです。

 調査員:法輪功学習者の臓器ですか。話によると、彼らは非常に健康だという。

 医者:我々の臓器は全部この種のものである・・・・・・。

 また、報告書は上海市中山医院のある医者の話も収録、「その医者が移植した臓器はすべて法輪功学習者のものである」とはっきりと述べている。

 「(その中国の)病院の電話番号を鑑定したのか」との記者の質問に対し、キルガー議員は「鑑定した。私は検察官だった。証拠の信憑性を疑う声が必ずあると認識したため、すべての細かい点をすべて検証した…皆さんが電話録音に疑問を抱くことは承知していた。そのため、私は有資格の翻訳者に依頼し、中国語の録音テープの内容を再確認してもらった。翻訳は非常に正確であるとの回答が得られた」と答えた

 また、「法律上、ご自身は本件をどうみているか」との質問に、キルガー議員は、これは反人類罪にあたると答えた。

 一方、報告書では17の提案が挙げられた。その概要(一部)は以下のとおり。

 第1.中共政権は、刑事犯罪の調査に着手し、犯罪者を起訴すべき。

 第2.すべての政府と非政府組織は厳粛にこの(臓器狩りの)告発に対応し、自己調査を行い、本件の信憑性を確認すべき。

 第3.国連は事実関係を調査し、中共政権は国際法に違反したかどうか調べるべき。

 第4.外国政府は、中共の医者が海外で臓器移植技術を習うことを禁止し、しかも臓器狩りに参加した医者の入国を永久に禁止すべき。

 第5.臓器売買を禁止するため、すべての国は立法を強化すべき。担当の患者が国外で臓器を購入したとの証拠が把握でき次第、その治療医は政府に報告すべき。

 第6.すべての政府は、中国で臓器移植する自国民にパスポートの交付を拒否すべき。

 第7.すべての政府は、中共政権が主催する臓器移植の会議と研究に参加しない。すべての企業は、中国の臓器移植機構に、物的援助とサービスを提供しないこと。

 【背景説明】

   今年3月9日、米国に脱出した中国人ジャーナリストは、中国の秘密収容所で生きている法輪功学習者の臓器を強制摘出・売買し、その遺体を焼却処分する事件を告発した。その後、臓器強制摘出に参加した執刀医の前妻(現在は米国に在住)も証言した。その告発に対し、中共政権は3週間も沈黙し続け、3月28日に中共外交部の報道官は、初めて事実を完全否認し、国際メディアなどによる現地での調査を受け入れると表明した。その発言を受け、新唐人テレビや、大紀元時報、「希望の声」ラジオなどのメディアが真相調査委員会を結成した。調査団のメンバーらは3度にわたり、豪州や米国の中国大使館に対し、調査の許可と入国ビザの交付を申請したが、すべて拒否された。

 2006年5月8日、カナダ議会人権委員会の元委員長、外務省前アジア大洋州局長のデービッド・キルガー議員は、国際人権弁護士デヴィット・マタス氏と共に、記者会見を開き、カナダ法輪大法学会の要請を受け、中共による法輪功学習者への臓器狩りを独立調査する調査団を立ち上げると表明した。その行動はカナダ議会議員らから支持され、与党議員連盟主席ラヒム・ジャファー(Rahim Jaffer)議員は支援の意向を表明すると共に、「カナダ政府は、法輪功学習者の臓器が強制摘出されている件に関する調査を促している」と明かした。

 6月2日、両氏は駐カナダの中国大使館に書簡を提出し、中国国内での独立調査の許可を申請した。

 6月23日、中国大使館の関係者はキルガー議員と面会、中国での「制限なし」の独立調査の要請を事実上拒否した。

 7月6日、調査団はメディアに調査報告を公表した。

関連キーワード

関連特集

^