印刷版   

7月7日、イランのラリジャニ最高安全保障委事務局長、イランは包括的見返り案に前向きな印象を持っていると述べる(2006年 ロイター/Sergio Perez)

イランは包括的見返り案に前向きな印象=ラリジャニ事務局長

 イランのラリジャニ最高安全保障委員会事務局長は7日、ウラン濃縮停止に対する包括的見返り案について前向きな印象をもっていると述べる一方、早急に回答しないとの意向を示した。

 国連安保理常任理事国5カ国にドイツを加えた6カ国は、7月15日の主要国(G8)首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)までに、包括的見返り案に対するイランの完全な回答を求めている。イラン側は、8月22日までに回答するとしている。

 ラリジャニ事務局長は、マドリード訪問中記者会見し「イランの核開発問題は、対話による解決が不可能なほど複雑な問題ではない」と述べ、事態の行き詰まりという悲観的な見方をする理由はないとしながらも、回答期限の設定は双方の信頼感を損なうと指摘。「期限を設定してもらう必要はない。圧力は信頼感の欠如と懐疑心を生む」と述べた。

 スペイン訪問前の6日に、ブリュッセルで欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表と夕食を共にしたことについて「非常に有意義で建設的」だったと述べた。

 [ロイター7月7日=マドリード]

 (06/07/08 14:57)  





■関連文章
  • 北朝鮮のミサイル発射、中共が黒幕(06/07/08)
  • 国連安保理で対北朝鮮決議案を協議、制裁には中ロが難色(06/07/07)
  • 国連安保理が北朝鮮ミサイル発射で緊急協議、非難決議案を日本が策定(06/07/06)
  • 北朝鮮のミサイル発射、国連安保理付託を検討=米国(06/07/05)
  • 国連国際特別法廷、「クメール・ルージュ」を審判(06/07/05)
  • 米国防総省高官、イラン核施設爆撃しても成功しないと大統領に警告=雑誌(06/07/03)
  • イラン、ウラン濃縮停止は交渉の上でのみ検討(06/06/23)
  • 原油価格、イラン軍事紛争化なら3倍に上昇も=駐米サウジ大使(06/06/21)
  • 国連新人権理事会初会合、人権問題の解決は機能するか(06/06/21)
  • 「北朝鮮は弾道ミサイルの実験試射を凍結し、6カ国協議に復帰すべき」=米大統領報道官(06/06/20)
  • イラン核問題、ポジティブな雰囲気が合意への道開く可能性=モッタキ外相(06/06/19)
  • 日米、「テポドン2号」発射中止を要求、経済制裁、安保理開催も(06/06/19)
  • デンマーク大手新聞「ユランズ・ポステン」、中国の臓器狩り事件を報道(06/06/18)
  • 中国・ロシアと多くの問題で意見一致=イラン大統領(06/06/16)
  • イラン、新たなウラン濃縮を開始=IAEA報告書(06/06/09)