印刷版   

中国海洋石油、東シナ海の「春暁」ガス田で生産開始

 中国大手石油会社、中国海洋石油(CNOOC)<0883.HK>は、東シナ海の日中中間線付近で開発を進めていた白樺(中国名・春暁)ガス田で生産を開始した。

 同社の親会社、中国海洋石油総公司がウェブサイト(www.cnooc.com.cn)で明らかにした。

 同サイトによると、現地を視察した張国宝・国家発展改革委員会副主任は「春暁はすでに完全に生産段階に入った」と表明。「下流部門のユーザーが不足しているため、開発ペースが制限される」とし、CNOCCにガスの販売先の確保を求めた。

 同社は、春暁の生産を今年前半に開始すると表明していたが、これまで、この問題に関するコメントは避けていた。


[ロイター4日=北京]

 (06/08/06 00:21)  





■関連文章
  • 第5回東シナ海ガス田協議、見解の相違、協議に至らず(06/05/20)
  • 専門家:東シナ海ガス田開発、難航する問題を分析(06/05/19)
  • 中共海軍、2008年空母保有を目標(06/05/10)
  • 航空自衛隊の対中国機緊急発進、大幅増加(06/04/23)
  • 中共、東シナ海での航行禁止通達に「技術的な誤り」(06/04/19)
  • 中国、東シナ海・ガス田拡張工事で船舶通航禁止、日本に事前通知なし(06/04/17)
  • 日本の対中円借款、2005年度は前年比100億円減(06/04/07)
  • 日本外務省外交青書、中共に軍事情報の開示を提言(06/03/25)
  • 二階経産相訪中、ガス田問題、進展見えず(06/02/24)
  • 日本経済相・二階俊博氏、訪中で東シナ海資源共同開発を協議(06/02/22)
  • 米国ワシントン当局筋、北京当局の『真珠戦略』に懸念(05/12/12)
  • 中川経済相:東シナ海天然ガス田、日中閣僚級協議の考え(05/10/03)
  • 米・国務次官補、日中関係に懸念を表明(05/06/02)