印刷版   

パキスタン軍、アルカイダ関連施設を空爆

 パキスタン軍は30日、アフガニスタンとの国境付近にあるアルカイダの関連施設をヘリコプターで攻撃し、破壊した。同施設には当時、70─80人の武装勢力がいた、という。パキスタン軍のスポークスマンが明らかにした。

 同スポークスマンは「この施設はマドラサ(イスラム神学校)だが、学校としてではなく、テロ活動のために使われていた」と説明した。また、攻撃当時、同施設には有力者はいなかったもよう、と述べた。

 同スポークスマンによると、同施設は、アルカイダに保護を与えたして当局が行方を追っている地元タリバン指揮官が所有するものという。

 死傷者が出たとの情報もあるが、軍は、詳細な情報はないとしている。

 [ハール(パキスタン) 30日 ロイター]

 (06/10/30 17:11)  





■関連文章
  • 米指揮官:イラクへ治安維持権限を移譲、18ヶ月内撤退可能(06/10/25)
  • アルカイダが組織力強化、英国を最大の攻撃目標に=英紙(06/10/19)
  • パキスタン大統領、同国が北朝鮮核実験を可能にしたとの見方否定(06/10/12)
  • イラクのアルカイダ組織の新指導者が死亡=TV(06/10/05)
  • 再送:タリバン関係者、ビンラディン容疑者は生存していると発言=TV(06/09/26)
  • 在イラク英軍、アルカイダ幹部を射殺(06/09/26)
  • オーストラリア政府、パキスタンでテロ攻撃の可能性があると警告(06/08/22)
  • 航空機爆破計画主犯格のアルカイダメンバーを逮捕=パキスタン内相(06/08/12)
  • 元内閣官房参与・中山恭子氏「国際テロに遭った日本人被害者を救出するのは、日本政府の使(06/08/12)
  • パキスタン、航空機爆破未遂事件に絡み先週2人の英国人を逮捕(06/08/11)
  • イスラム過激派と結託する中共外交(06/07/24)
  • 安徽省の軍用機墜落事故、外国人専門家の遭難可能性浮上(06/07/20)
  • ムンバイ列車爆破、パキスタンの情報機関が関与の疑い=インド当局者(06/07/14)
  • 写真報道:パキスタン中部で小型飛行機事故、搭乗者45人死亡 (06/07/12)
  • ビンラディン容疑者、米国とその同盟国との戦いを「あらゆる場所で」継続宣言(06/06/30)