印刷版   


米中間選挙での民主党勝利、貿易政策が大きく変わるとは思えない=塩崎官房長官

 塩崎恭久官房長官は午前の記者会見で、米中間選挙で民主党が勝利したことによる貿易政策への影響について聞かれ「米国内の議論を注視したい」としながらも、貿易政策が大きく変わるとは思えないとの見方を示した。

 塩崎官房長官は、民主党が勝利し保護主義政策を進めるとの見方について聞かれ「現実の世の中に対し、どう対応するか幅があるわけではない」とし「保護主義をとることが米国にメリットがあると思わない。基本ラインはあまり変わらないのではないか」と指摘した。

 また、今回の中間選挙は「イラク政策が争点だったことは間違いない」とした。さらにイラク情勢も「厳しいままであることを認めなければならない」としながらも、日本政府としてイラクの安定化が国益になると判断したことを踏まえ、イラクを主体的に支援することでイラク人の努力を積極的に支援する姿勢に変わりないと強調した。

 さらに、北朝鮮問題の解決に向け、引き続き6カ国協議がフレームワークとなるとの認識を示し「関係各国もそう思っているのではないか」と述べた。

 [東京 9日 ロイター]

 (06/11/09 13:50)  





■関連文章
  • 米中間選挙・上院選、民主党が過半数を獲得=メディア(06/11/09)
  • 日本の対イラク復興支援に変更はない=米中間選挙で安倍首相(06/11/09)
  • 米中間選挙戦、民主党大きくリードで終盤に(06/10/30)
  • 米中間選挙、民主党が支持率で共和党をリード=ロイター/ゾグビー調査(06/10/27)
  • 北朝鮮が核実験行ったがい然性はきわめて高い=塩崎官房長官(06/10/27)
  • 北朝鮮の核実験自制発言、中国から説明受けたが内容言えず=官房長官(06/10/23)
  • 米中間選挙まで3週間、「10月サプライズ」はあるか(06/10/18)
  • 日米韓外相会談、19日を念頭に調整中=塩崎官房長官(06/10/16)
  • ブッシュ大統領の支持率が42%に上昇、政党別では民主党がリード=世論調査(06/09/29)