印刷版   


米国のイラク検討グループ、米軍のイラクでの役割シフトを勧告へ=関係筋

 米国のイラク政策転換の選択肢を模索している超党派の「イラク検討グループ」は、今後約1年間で、イラクでの米軍の戦闘的な役割を支援的なものにシフトすることを勧告する見通し。関係筋が29日明らかにした。

 同関係筋は「基本的に、配置転換ということだ」と述べた。

 この案は、米軍の段階的な撤退に伴い、戦闘部隊をイラク国内の基地や地域周辺に移動させるというもので、今後約1年にわたり実行されるもよう。

 検討グループが合意した米軍の段階的撤退勧告については、ニューヨーク・タイムズ紙が先に、はっきりとした日程は示されていないと報じていたが、同関係筋は「(撤退の)完了する時期については、来年中のいつかということが示唆されているようだ」と語った。

 同関係筋によると、検討グループはまた、米国によるイラン、シリア両国との直接対話の実現に向け、地域会議の開催を要請することも決定した。

 [ワシントン 29日 ロイター]

 (06/11/30 18:08)  





■関連文章
  • 米イラク首脳会談が延期、イラク首相批判メモが原因か(06/11/30)
  • イラン大統領、イラク治安回復で全面支援を表明(06/11/28)
  • 米イラク首脳会談、イランとの協議検討へ=米政府(06/11/28)
  • イラク北部の自爆攻撃で22人死亡、首都でも202人(06/11/25)
  • バグダッドの連続爆発で160人死亡、市内に外出禁止令(06/11/24)
  • 英軍、バスラの治安権限は来春にも移譲可能=外相(06/11/23)
  • ブッシュ米大統領、29─30日にヨルダンでイラクのマリキ首相と会談(06/11/22)
  • シリアとイラクが国交完全回復で合意、26年ぶり(06/11/22)
  • イラク大統領が今週末にイラン訪問、アハマディネジャド大統領と会談(06/11/21)
  • イラク政府、今週中にシリアとの国交正常化(06/11/21)
  • イラク高等教育省から拉致の人質、大半が解放(06/11/15)
  • イラク政策、軌道修正の用意ある=米大統領首席補佐官(06/11/13)
  • イラクのマリキ首相、包括的な内閣改造計画を発表(06/11/13)
  • ブッシュ米大統領、イラク政策で方向転換の可能性を示唆(06/11/10)
  • 米民主党指導部、イラク問題で超党派の会合開催をブッシュ大統領に要請(06/11/10)