大紀元時報

イラン、拿捕の韓国籍タンカー解放 韓国は凍結資金問題で支援約束

2021年04月09日 14時07分

[ソウル 9日 ロイター] - 韓国外務省は1月にイランに拿捕された韓国籍タンカーと船長が9日に解放されたと発表した。同省当局者は米国の制裁により韓国の銀行で凍結されているイラン資金の返還に努めると約束したと明らかにした。

外務省は声明で「船長と乗組員の健康状態は良好だ。タンカーと積み荷にも問題がないことが確認された」とし、事務手続きを終えて既に出航したことを明らかにした。

国営イラン通信(IRNA)によると、イラン外務省も、タンカー所有者と韓国政府からの要請に基づき、調査を終えた後にタンカーを解放したことを確認。外務省報道官は「イランは、環境保護を含む海洋法の完全な遵守を強調しており、あらゆる違反行為を監視している」と表明した。

同報道官によるとイラン側は、船長に同地域で過去に違反の記録がないことを考慮して、解放を決定したという。

イランはホルムズ海峡で化学物質によって海域を汚染したことを理由に同タンカーを拿捕した。2月に船長以外の乗組員を解放することに同意したが、米国の制裁により韓国で凍結されている70億ドルの資金を返還するよう求めたため対立が深まっていた。

韓国外務省の当局者は匿名を条件に記者団に対し、双方はタンカーと資金の問題は無関係との認識で一致しており、韓国は凍結資金問題の解決を支援すると約束したと説明。「われわれは資金問題の解決に確固とした意欲を表明した」と述べた。

韓国側は、タンカーはいかなる汚染も引き起こしていないと表明。同当局者は、イランは船会社の刑事訴追方針を撤回した、と明らかにした。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^