印刷版   

日中関係は「新たなスタート地点」に立っている=中国国務委員

 中国の唐家セン国務委員は3日、安倍首相による10月の訪中以降、日中関係が「新たなスタート地点」に立っているとの認識を示した。

 新華社によると、同委員は中国を訪問中の冬柴国土交通相に対し「両国は5年におよぶ政治的こう着状態を抜け出し、2国間関係は正常な発展経路に戻った」と述べた。

 また「新たなスタート地点に立ち、長期的かつ安定的な関係の発展へ弾みをつけることに両国は緊密に取り組むべきだ」と指摘した。

 [北京 3日 ロイター]

 (06/12/04 10:15)  





■関連文章
  • 北朝鮮・金総書記:2度目の核実験はない(06/10/25)
  • 金正日総書記と中国特使との協議は「友好的」=朝鮮中央通信(06/10/20)
  • 靖国参拝しない約束で日中首脳会談実現したわけではない=外相(06/10/10)
  • 日韓首脳会談は日程を調整中、日中は実現に向け努力している=塩崎官房長官(06/10/02)
  • 対日関係改善が最重要課題=安倍新総裁誕生で中国外務省(06/09/22)
  • 日中関係の正常化に向け日本政府は行動を=中国国務委員(06/06/26)
  • 胡錦涛・国家主席、訪日ついて言及(06/06/13)
  • 日中民間関係の問題点および解決方法に関する思索(06/05/15)
  • 麻生外相:東アジアの安定、中共の国内問題処理能力が重要(06/05/06)
  • 中国外交部長、日中関係で日本指導者を批判(06/03/09)
  • 日本「大紀元」創刊五周年記念講演会、開催(06/02/28)
  • 新任中国大使、宮本雄二氏に(06/02/25)
  • 中共官僚とメディア、中国民衆の三階層からみた「2005年十大ニュース」(06/02/24)
  • 二階経産相訪中、ガス田問題、進展見えず(06/02/24)
  • 2月26日(日曜日)= 『大紀元時報』創刊五周年 記念講演会: 『中国共産党崩壊後の日中関係』-(06/02/15)