印刷版   

4月30日、日本とカザフスタン、原子力協定交渉開始へ。写真はカザフスタン南部の鉱山で酸化ウランをかき集める作業員。昨年12月撮影(2007年 ロイター/Shamil Zhumatov)

日本とカザフが原子力協定交渉開始へ

 甘利明経済産業相は30日、訪問先のカザフスタンの首都アスタナでマシモフ首相と会談し、原子力の平和利用を定める「原子力協定」締結に向けた協議に入ることで合意した。両国はまた、日本企業が原発燃料のウラン権益を拡大することや、原子力分野で日本がカザフに技術協力する環境を整備することなどを盛り込んだ共同声明を発表した。カザフは世界第2位のウラン埋蔵量を持つが、カザフからの日本の輸入量は1%にとどまっている。日本政府はカザフとの関係強化を通じてウラン資源の調達先分散を進める意向だ。

 甘利経産相には、電力、商社、メーカー、団体の首脳らが同行。共同声明では、民間企業を中心に、24の協力案件を進めることも確認した。主な案件として、1)丸紅(8002.T: 株価, ニュース , レポート)、東京電力(9501.T: 株価, ニュース , レポート)、中部電力(9502.T: 株価, ニュース , レポート)、東北電力(9506.T: 株価, ニュース , レポート)が、カザフ国営の「カザトムプロム」とウラン鉱山を開発、2)伊藤忠商事(8001.T: 株価, ニュース , レポート)がカザトムプロムからウランを長期調達する契約を締結、3)カザトプロムが検討している軽水炉原発の建設に東芝(6502.T: 株価, ニュース , レポート)が協力する−などがある。

 現在のウラン価格は需要拡大を受け、7年前の16倍の水準に高騰している。原発でウランを消費する日本の電力会社には、「従来の長期契約が順次、更新時期を迎える2−3年後に価格高騰の影響が及ぶ可能性がある」(資源エネルギー庁)という。日本は、現在、オーストラリアとカナダからウラン輸入量の6割を依存しており、調達先の多様化が課題となっている。

[東京 30日 ロイター]

 (07/05/01 08:45)  





■関連文章
  • 中国政府、戦略ウラン備蓄を計画=通信社(07/04/19)
  • イラン大統領、9日に核計画について発表へ(07/04/09)
  • 国連安保理、対イラン追加制裁決議案を採択(07/03/25)
  • イランへの武力行使観測を懸念─ロシア外相=通信社(07/02/27)
  • ウラン濃縮計画問題は作業部会で協議=塩崎官房長官(07/02/26)
  • 米政府、北朝鮮ウラン濃縮計画に関する情報不足を認める(07/02/23)
  • 北朝鮮のウラン濃縮疑惑問題、再検討必要=専門家(07/02/22)
  • 米国による「イラン攻撃計画」が明らかに=英BBC(07/02/20)
  • イラン最高安保委事務局長、独で西側当局者と会談へ(07/02/08)
  • イラン、ウラン濃縮に向け遠心分離機328基を設置=外交筋(07/02/06)
  • シベリア:黄色い雪、宇宙ロケットの廃棄物汚染か(07/02/05)
  • イランと北朝鮮の金融面でのつながり、ミサイル技術拡散の恐れ=米財務省(07/01/10)
  • 六カ国協議:北朝鮮、ロシアにウラン採掘権の計画(06/12/06)
  • イランとの直接対話、ウラン濃縮停止が条件=米大統領(06/11/29)
  • EU、イラン核施設への技術協力要請を却下するようIAEAに求める(06/11/21)