大紀元時報

医療機関へのサイバー攻撃、人命を危険にさらす 赤十字社が訴え

2020年05月26日 21時46分
5月26日、赤十字社は公表した書簡で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下での医療機関や研究所に対するサイバー攻撃は人命を危険にさらすとし、こうした攻撃を止めさせるよう各国政府に対して「即座に断固とした措置」を取るよう求めた。写真は新型コロナウイルスに感染した患者を治療する医療従事者。マドリードの病院で14日撮影(2020年 ロイター/Susana Vera)
5月26日、赤十字社は公表した書簡で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下での医療機関や研究所に対するサイバー攻撃は人命を危険にさらすとし、こうした攻撃を止めさせるよう各国政府に対して「即座に断固とした措置」を取るよう求めた。写真は新型コロナウイルスに感染した患者を治療する医療従事者。マドリードの病院で14日撮影(2020年 ロイター/Susana Vera)

[26日 ロイター] - 赤十字社は26日に公表した書簡で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下での医療機関や研究所に対するサイバー攻撃は人命を危険にさらすとし、こうした攻撃を止めさせるよう各国政府に対して「即座に断固とした措置」を取るよう求めた。

書簡は、インターネットの兵器化を防ぐため活動するCyberPeace Instituteが取りまとめ、マイクロソフトのブラッド・スミス社長やオルブライト元米国国務長官など42人が共同で署名している。

ここ数カ月、医療機関がサイバー攻撃の対象となっている。政府との関連が疑われるハッキング集団などは、新型コロナウイルスに関連したデータを盗むため研究機関に攻撃を仕掛けている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^