印刷版   

中国株ファンドの4月末純資産、初の1兆円台乗せ

 中国株ファンドの4月末時点の純資産残高は、前月末比7.0%増の1兆0057億8700万円となり、初めて1兆円台に乗せた。前月比で増加したのは2カ月ぶり。投信情報サービス会社リッパーのデータをもとにロイターが集計した。

 4月末時点で運用中の中国ファンドは追加型40本、単位型25本、ファンド・オブ・ファンズ(FOFs)2本の計67本。4月の新規設定は2本、償還はなかった。

 ハンセン中国企業株(H株)指数が4.4%上昇するなど小じっかりした展開で、純資産を押し上げたもよう。香港ハンセン指数も2.6%の上昇。上海総合株価指数は20%を超える上昇をみせたが、人民元建ての中国A株で運用する投信は日本ではまだ少なく、香港ドル建てのH株の動きに連動する投信が多い。  

 純資産残高が最大だったのは、三井住友アセットマネジメントの「三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド」<62003515JP>で1138億円(前月1090億円)。「4月単月では解約額が設定額を上回ったが、H株指数の上昇で時価ベースの残高が上昇した」(三井住友アセット企画担当者)。中国株は2月末の急落後に回復しているものの、「相場を支えているのは主に中国の投資家とみられ、日本の投資家の間では以前ほどの人気はないようだ」(同担当者)という。 

 2位はHSBC投信の「HSBCチャイナオープン」<62003718JP>で694億円(同624億円)、3位は大和住銀投信投資顧問「チャイナ騰飛(トンフェイ)」<62004485JP>で675億円(同640億円)だった。3月にランクを1つ落とした「HSBCチャイナオープン」が2位に返り咲いた。

 中国株ファンドには単位型の設定が相対的に多く、単位型の純資産残高は1797億3400万円と全体の18%を占めている。

 4月末時点で純資産が300億円以上のファンド数は前月比2本増の12本。


[東京 7日 ロイター]

 (07/05/08 10:56)  





■関連文章
  • 3月全国コアCPIは前年比‐0.3%、交通・通信などが下落寄与(07/04/27)
  • アジア株に外国勢戻る、最高値更新で割安感薄れたとの声も(07/04/26)
  • インドルピーが9年ぶり高値に上昇、1ドル41.575ルピーを突破(07/04/24)
  • 資産運用業界の就業人口が1万人に迫る、市場拡大で過去最高に(07/04/18)
  • 円安の中でトヨタが新安値、夏まで株価不振の恐れも(07/04/13)
  • 現行金融政策維持、全員一致で決定=日銀決定会合(07/04/10)
  • 中国国民、預金より株式投資を増やす傾向に=調査(07/03/29)
  • ロイター個人投資家調査:世界同時株安で6割が損失出す(07/03/26)
  • 中国、数カ月以内に株価指数先物の取引を開始へ(07/03/19)
  • 世界同時株安の懸念再燃、米金利低下なら波乱収束か(07/03/14)
  • 本格的な円キャリー巻き戻し、まだ始まっていない=黒田ADB総裁(07/03/14)
  • 中国人民銀行は米国債の購入を続ける=副総裁(07/03/12)
  • 中国全国社会保障基金理事会、海外投資を強化へ(07/03/12)
  • 中国株市場急落:「暗黒の火曜日」、下落率10年間で最大、世界主要株式市場に影響(07/03/01)
  • 中国株急落、世界的なリスク志向の終えん示唆か(07/02/28)