大紀元時報

米太平洋岸北西部、記録的な熱波が一服

2021年6月30日 12時47分
6月29日、3日間にわたって記録的な熱波に見舞われた米太平洋岸北西部では、ようやく気温が低下し、住民たちは一息ついている。写真はシアトルで、「109度(セ氏42.7度)」と表示された電光掲示板。28日撮影(2021年 ロイター/Jason Redmond)
6月29日、3日間にわたって記録的な熱波に見舞われた米太平洋岸北西部では、ようやく気温が低下し、住民たちは一息ついている。写真はシアトルで、「109度(セ氏42.7度)」と表示された電光掲示板。28日撮影(2021年 ロイター/Jason Redmond)

[ポートランド(米オレゴン州) 29日 ロイター] - 3日間にわたって記録的な熱波に見舞われた米太平洋岸北西部では29日、ようやく気温が低下し、住民たちは一息ついている。

オレゴン州のポートランドやセイラム、ワシントン州のシアトルでは前日、高気圧が上空を覆い熱い空気を閉じ込める「ヒートドーム」現象の影響で最高気温が再び記録を更新。州都セイラムではカ氏117度(セ氏47.2度)と、1890年台の記録開始以降の最高に達した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^