【バンクーバー通信】2010年バンクーバー冬季オリンピックのマスコット決定!

2007年12月08日 01時00分
 【大紀元日本12月8日】先月27日、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州のオリンピック委員会は、2010年冬季オリンピックのマスコット3つを発表しました。ご紹介しましょう。

 
ミガ:趣味はサーフィン(大紀元)

シャチが陸に上がってクマ(「街中のスピリットベアー」でご紹介した白い毛の黒クマ)に変身したという太平洋北西部の先住民族の伝説を基にイメージされた「ミガ」。彼のホビーはサーフィンとスノボーで、好きな食べ物はもちろん鮭で、サーモンジャーキー、スモークドサーモンとBCロール(サケの焼いた皮ときゅうりが入っているのりまき)。

 
クワッチ:心やさしい男の子(大紀元)

「クワッチ」(サスクワッチ)はビックフットとも呼ばれている雪男。夢は有名なホッケーのゴールキーパーになること。なんでも食べてみたいと言う好奇心旺盛な男の子。

 
スミ:パラリンピックのマスコット(大紀元)

サンダーバードの翼とクマの足、そして、シャチを象徴する帽子をまとった動物たちの「精霊」の「スミ」。好きな食べ物は暖かなココアだそうです。

 そして最後は、姿は現さなかったのですが、この3つのマスコットたちの友だちで「マックマック」。バンクーバー島に生息する貴重な種類のマーモットがモデルとのこと。

 発表されたのがクリスマス前と言うこともあって、売れゆき順調で、お店の人もホクホク顔でした。

 
キュートなフード付きパーカー(大紀元)

マスコットたちがプリントされた帽子やTシャツ(大紀元)

来年、2008年にはオンラインゲームなどの制作も開始されるということです。お楽しみに!

(バンクーバー記者=春馨)

関連キーワード
^