中国エイズ感染者70万人の感染源、雲南省の薬物使用者146人

2007/12/03 10:06
 【大紀元日本12月3日】中国疾病予防制御センターが分子流行病学の方法で調査した結果、現在、中国国内の70万人のエイズ感染者と患者に感染したウィルスの亜種は、1989年雲南省で発見された麻薬使用者のエイズ感染者146人から由来したものであることが分かった。このエイズ・ウィルスの亜種は、最初にタイの麻薬使用者から由来したものだという。

 1989年、雲南省のある地域で発見されたエイズ感染者146人は、全員が麻薬使用者であった。しかし、2006年になって、同地域のエイズ感染者は約2万人に達し、現地人口の20%に相当する。新しい感染者の中には、工場労働者、農民、政府幹部、警察官、教師などもいる。特に妊婦と産婦はその中の10%以上を占めている。

 専門家の推測によると、今年末までに中国のエイズ感染者と患者は70万人を超えるという。中でも患者数は8万5000人に達する見込みである。今年新たに5万人の感染者が増えることになり、しかも、エイズによる死亡者は2万人に達するという。

 
(翻訳・坂本)


関連記事
注目記事
^