印刷版   

物価安定のもとで息長い成長が続くような金融環境を整える=日銀総裁

[東京 29日 ロイター] 福井俊彦日銀総裁は29日午前の衆院予算委員会で「日銀としては景気の振幅がなるべく小さい、息の長い成長が続くような金融環境をしっかりと整えていきたい」と述べた。

 前向き循環メカニズムが働いているとの日銀の見解について、縮小均衡に向かっている中で働いているにすぎないのではないかとの質問に対し、「足元の日本経済は減速しているが、長い目でみると、グローバル経済の展開、そのダイミナミックスを日本企業もフルに生かしながら、前向き循環メカニズムをしっかり生かして先行き経済の姿に生かしていく、そういう姿になっていると考えている」と述べた。

 さらに、「政府において成長戦略が功を奏して実力の潜在成長率が今後上がっていくことを期待しているが、同時に実際の潜在成長率が現実の成長として実現していくためには、企業が長期的な投資を実現していってもらわないといけない」として、「日銀としては景気の振幅がなるべく小さい、息の長い成長が続くような金融環境をしっかりと整えていきたい」と述べた。

 自民党の斉藤斗志二委員の質問に答えた。

 (08/01/29 10:55)  





■関連文章
  • 中国湖南省の化学工場周辺、住民大量中毒事件が発生(08/01/28)
  • 仏ソジェンは回復、国内銀行システムを信頼=中銀総裁(08/01/26)
  • 米国株式市場は続落、緊急利下げで金融株は高い(08/01/23)
  • グローバル化のもとで中央銀行間の連携が重要=福井日銀総裁(08/01/09)
  • 【コメディー】環境問題(08/01/05)
  • 離婚率増加も環境破壊の一因=米研究(08/01/03)
  • インド最大手グループ企業、世界一低価格小型車発表(08/01/02)
  • 中国景勝地・九寨溝、20年後消失か=専門家(07/12/30)
  • ローマ教皇、人類の私欲と環境の破壊に憂慮表明(07/12/28)
  • AFP社:最も印象的な写真2007(2)(07/12/22)
  • 中国5ヵ年環境保護計画、さらに厳しい局面に(07/12/11)
  • 三峡ダムがもたらす環境・自然災害、収拾のつかない事態になる可能性=中国環境問題専門家(07/12/04)
  • 三峡ダム建設による環境破壊、解決は不可能か(07/11/29)
  • 中国三峡ダムは大災難もたらす=現地政府関係者認める(07/11/24)
  • サブプライムローン問題の原因(07/11/23)