印刷版   


米国株式市場は続落、緊急利下げで金融株は高い

[ニューヨーク 22日 ロイター] 米国株式市場は続落。米リセッション(景気後退)懸念が圧迫した。ただ、米連邦準備理事会(FRB)が実施した緊急利下げにより、世界の株式市場が2日にわたる急落から落ち着きを見せていることを受けて、相場の下げは予想より小幅にとどまった。

 FRBは、米株市場の取引開始約1時間前に0.75%ポイントの緊急利下げを発表した。過去23年余りで最大の引き下げとなった。これを受けて、世界的な株安に歯止めが掛かった。

 米株市場はこの日5日続落となり、幅広い銘柄が売られた。

 日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)と石油大手エクソンモービルがダウとS&Pの下げを主導。P&Gは3%安、エクソンモービルは3.1%安となった。

 ナスダック銘柄ではアップルが3.5%下落した。

 一方、金利の低下の恩恵を受ける金融株や小売関連株は買われた。S&P小売株指数は5.3%急伸。S&P金融指数は2.2%高。

 ウェドブッシュ・モルガンのシニアトレーダー、マイケル・ジェームズ氏は「市場は、それ(利下げ)だけでは危機を脱することにはならないと認識しているが、少なくともFRBは、ネガティブな状況に対し、保守的ではなくやや積極的な行動を示した」と指摘した。

 ダウ工業株30種は128.11ドル(1.06%)安の1万1971.19ドル。

 ナスダック総合指数は47.75ポイント(2.04%)安の2292.27。

 S&P総合500種指数は14.69ポイント(1.11%)安の1310.50。

 ダウが1万2000ドルを割り込んで引けたのは2006年11月3日以来。

 住宅建設株もFRBの緊急利下げを好感し上昇。ダウ住宅建設株指数は6.2%急伸した。

 米銀2位のバンク・オブ・アメリカは4%上伸。同行の第4・四半期決算は前年比95%の減益となったものの、ルイス最高経営責任者(CEO)は、配当を引き下げる予定はないと語った。

 (08/01/23 09:46)  





■関連文章
  • 米国の反ダンピング制度に対する日本の報復措置で、WTOの仲裁手続き入り(08/01/22)
  • 米俳優G・クルーニー、国連の平和大使に(08/01/22)
  • カキフライから真珠(08/01/20)
  • 米ネバダ州、クリントン氏の支持率がオバマ氏を5ポイントリード=調査(08/01/19)
  • 日経平均が大幅続落:識者はこうみる(08/01/17)
  • 米大統領選ミシガン州予備選、共和党はロムニー氏勝利(08/01/16)
  • 米Gグローブ賞、ドラマ映画部門作品賞に「つぐない」(08/01/15)
  • 【神韻芸術】「わたしたちの多くは、同じ価値観をもっている」=自然を愛でるコロラドの人々、神韻公演を絶賛(08/01/14)
  • イラクの治安は改善、部隊撤収に向け順調=ブッシュ米大統領(08/01/13)
  • インド首相の訪中、ライバル中国と共通認識を模索か(08/01/12)
  • ラスベガスの主要労組、米大統領選候補者選びでオバマ氏支持を表明(08/01/10)
  • 米大統領選NH州予備選民主党:クリントン氏がオバマ氏に僅差で勝利(08/01/09)
  • 米大統領選NH予備選挙:民主党はクリントン氏が勝利、オバマ氏は勝利を祝福(08/01/09)
  • 米大統領選予備選、ニューハンプシャー州北部でオバマ氏とマケイン氏が勝利(08/01/09)
  • 【神韻芸術】米アトランティックシティ初公演で政界要人が称賛(08/01/05)