印刷版   

火星:生命の存在に適したクレーター発見

 【大紀元日本3月11日】NASAはこのほど、火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)に搭載された高解像度画像科学実験装置(HiRISE)の撮影した最新映像により、火星で形成された初期段階のクレーターは生命の存在に適した湖だったと伝えた。

 HiRISEを運営しているアリゾナ大学のチームは、火星のホールデン・クレーター(Holden crater)において断層角れき(メガブレッチャー)及び生命が存在したことのある湖を発見した。科学者によれば、これらの角れきは砕けて火星早期の長い期間に静かな湖中で形成され、このクレーターに堆積したことが明らかだと話している。

 また同チームの主任研究員でアリゾナ大学の月・惑星研究所の科学者アルフレッド・マキューエン(Alfred McEwen)氏は、ホールデン・クレーターは湖の堆積物と火星の古い断層角れきが露出しており、両者が含有する鉱物は水がある条件下、生命の存在する環境下で形成されたに違いない。ここは探査機の着陸或いはサンプル採取をするのによいポイントであり、火星に生命が存在したのかということをよく調査できるだろう。と話した。

 ホールデン・クレーターは来年NASAが発射予定の6機の火星科学実験室の着陸点の一つ。

 HiRISEの科学者によれば、現在までに多くのデータにより火星が形成される初期に湿った環境が存在したことが明らかであるという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/03/11 11:10)  





■関連文章
  • 火星:塩分高く生命の生存に適さない=NASA(08/02/23)
  • 火星に人影?(08/01/25)
  • 月は人工の物体である=科学者の推測(07/12/15)
  • 無機物にも生命の特徴を発見=物理学の研究(07/08/27)
  • 農暦七月一日:「冥府の門が開く日」から生命の大切さを考える(07/08/14)
  • 「魔の三角海域」で消えた米軍機、火星に出現?(07/07/30)
  • 英国:シェークスピアの故郷、UFO出現で数百人が騒然(07/07/27)
  • 生命のなぞを探求する気功と武術の達人(そのⅣ)(07/07/08)
  • 火星で大規模な砂嵐発生(07/07/06)
  • インド:東北山岳地帯に巨体の「山林人間」が出没(07/06/28)
  • 植物にも家族意識=英国学士院機関誌(07/06/26)
  • 臨死体験のなぞ(06/06/11)
  • 中国:死刑囚の膚皮を化粧品の原料に(06/04/04)
  • 【生命のなぞ】有名なハリウッド女優の臨死体験(06/03/17)
  • 韓国、卵子斡旋業者取り締まり(05/11/10)