印刷版   

五輪閉会直前、カトリック教主教秘密逮捕

 【大紀元日本8月28日】北京五輪が閉会する数時間前、河北省のカトリック教会正定教区の賈治国・主教が中国公安警察に逮捕されたことがこのほどわかった。

 米国カトリック教会支援団体「龔品梅・枢機主教基金会」によると、賈治国・主教は中国現地時間8月24日、教会を兼ねた自宅で、拳銃を所持する警官6人に強制連行された。現時点において、逮捕の理由、現在の居場所などはわかっていない。

 中国国内では当局がコントロールする「愛国協会」の下での宗教活動しか認められておらず、主教の任命は当局が行い、時には共産党幹部が選ばれる。そのため、バチカンに忠誠を誓う教徒はいわゆる「地下教会」(家庭教会)を結成、密かに信仰活動を行っている。地下教会は当局の取り締まりの対象であり、教徒は頻繁に脅迫され、時には逮捕・監禁される。

 そのことについて、「愛国協会」の劉柏年・主教は、「外国の影響により、中国の社会主義制を支持していない者もいるが、そうした人たちは公で活動してはならない」と発言した。

 龔品梅・枢機主教基金会によると、賈治国・主教は2004年以降、計11回逮捕されていた。1980年バチカンに主教と任命されてから、ずっと軟禁され、活動範囲は教会を兼ねた自宅に制限されている。訪問者との面会も必ず中国当局の関係者が同席する。

 また、同基金会によると、中国国内では計35人のカトリック教会の主教が監禁されたり、軟禁・監視されたりしており、中には行方不明のものもいる。


                    
(翻訳・編集/叶子)



 (08/08/28 14:38)  





■関連文章
  • ブッシュ大統領に会おうとした地下教会牧師、拘束される(08/08/13)
  • カトリック香港司教「中国の極端な愛国主義は危険」(08/06/07)
  • 2億700万円契約獲得、神父が一躍音楽スターに=アイルランド(08/04/30)
  • 中国地下教会指導者釈放、人身の自由は未だ制限(07/09/19)
  • バチカン承認の中国人主教、監禁中に死亡(07/09/14)
  • 地下教会聖職者3人、中国当局に逮捕される(07/07/31)
  • 中国天主教愛国協会50周年:ローマ法王、「複雑だ」と訪中に消極的(07/07/26)
  • キリスト教家庭教会の牧師ら、強制労働収容に(07/07/12)
  • ローマ法王の公開書簡:中共統制下の教会、カトリック教義と相反(07/07/02)
  • 買春客にも刑罰を=バチカン(07/06/23)
  • バチカン市国ラジオ放送:法輪功学習者を狙った中国の臓器狩りを報道(07/04/02)
  • 【写真報道】世界で面積最小の5つの国(07/03/29)
  • ローマ教皇庁:信仰の自由の障害、中国「愛国会」を譴責(07/02/01)
  • バチカン:中国の宗教の自由を前提に、北京へ関係正常化求める(07/01/28)
  • 北京地下教会、キリスト誕生を祝う活動、当局が強制中止(06/12/27)