印刷版   

猛暑中、警備強化に努める警察関係者ら(AFP)

【写真報道】戒厳令?五輪直前の北京市内

 【大紀元日本8月7日】北京五輪が目前に迫る中、「全国民で五輪を死守する」体制を敷く中国共産党当局は、武装治安勢力などを北京市内に集中させ厳戒態勢を敷いている。

 北京市当局はすでに、出稼ぎ労働者130万人と「漂流族」とされるホームレスなど30万人を市外に強制移動した。一般市民は外出時に必ず身分証明書、住所登録証などを携帯し、随時身体検査を受ける。武装警察80万人、公安150万人を動員し、さらに赤腕章をつけた「ボランティア保安要員」の配備された北京市内は、まるで戒厳令が敷かれたかのようだ。

 北京五輪の成功は「民族100年の夢」のはずだが、3月のチベット動乱、昆明でのバス爆破事件、新疆ウィグル自治区での武装警察襲撃事件、さらには相次ぐテロ予告への捜査対応と、国内治安は極めて不安定だ。こうした国内の不満、不安定要素を五輪期間中に「治安勢力の力」で押さえ込めるのかが疑問視されている。
北京市内の上空を哨戒する武装ヘリ。これで安心?


 
(翻訳/編集・青嵐)


 (08/08/07 21:25)  





■関連文章
  • 新疆ウィグル自治区:武装警察隊が襲撃され32人死傷(08/08/04)
  • 中国国内で爆破テロ予告相次ぐ(08/07/30)
  • 昆明市バス爆破事件でテロ声明、ねつ造の可能性=欧州ウイグル団体(08/07/29)
  • チベット・ラサ:中共軍派遣増加、五輪直前の制圧を強化(08/07/26)
  • 広西省チワン族自治区:炭鉱浸水事故発生、行方不明56人(08/07/23)
  • 北京五輪警備費、100日で4235億円 (08/07/10)
  • 貴州女子中学生強姦・殺害事件、武装警察3千人が厳戒態勢(08/07/04)
  • 貴州抗議事件、強化される情報封鎖(08/07/03)
  • 貴州大規模抗議事件:逮捕者300人超えか(08/07/02)
  • 英軍兵士、またもやUFOの目撃情報(08/06/30)
  • 英国警察ヘリコプター、UFOに空中遭遇(08/06/22)
  • トーチリレー直前、ラサ市に軍人1万2千人進駐=チベット(08/06/15)
  • 【神伝文化】明君に三つの畏れあり(08/06/04)
  • 米NYフラッシングで千人集会、中国当局の捏造と暴力を非難(08/06/03)
  • 成都軍区ヘリ、救災任務中墜落(08/06/02)